人生に、もふもふを。

冷たい雨の中、凍りついて動かなくなっていた子猫。家の中で温め続けて20分が経つと、ついに鳴き声を上げて動き始める

0

冷たい雨が降り続いていた日のこと、ある夫婦が家の外から聞こえてくる子猫の叫び声に気づきました。夫婦はすぐに家の周りを調べると、幼い3匹の子猫の姿を発見したのです。

子猫達はお互いを温め合うように、しっかりと身体を寄せ合っていました。夫婦は近くに母猫がいるかもしれないと思い辺りを調べましたが、結局見つけることはできませんでした。子猫達をそのままにしておくことができなかった夫婦は、子猫達を保護して家の中へと戻りました。

保護した3匹のうちの1匹は寒さに凍りつき、全く動きませんでした。ひどく衰弱していた子猫は、ほとんど息をしていなかったのです。

夫婦はすぐに子猫を抱きしめました。そして、子猫の命を戻そうと、背中を温かい手で擦ってあげました。

そして、20分後。
凍りついた子猫はついに鳴き声をあげました! その声を聞いた夫婦は、嬉しさのあまり喜びの声をあげたそうです。

子猫達は身体が乾いた後も震えていたため、夫婦は毛布の下に暖房パッドを敷いて、さらに温め続けました。すると徐々に震えがおさまってきて、幸せそうな表情を見せてくれるようになったのです。

そして子猫達は元気を取り戻すことができました。

3匹の中で一番冒険好きの子猫は、雨の中で大きな声を出していた子猫でした。この子は食欲も旺盛で、いつもお腹が空くと一番大きな声でご飯を要求してくるそうです。

子猫達はお腹がいっぱいになると、とても満足そうな顔を見せてくれます。

夫婦は子猫達に『スクイシー(グレー)』、『ルー(サバトラ)』、『ラザラス(黒)』と名づけました。ラザラスが保護された時に凍りついていた子猫です。

そして2ヶ月後。
夫婦は成長した子猫達の里親さんを探し始めました。

最初にラザラスが夫婦のいとこの家へと旅立って行きました。次にルーの里親さんを探そうとしましたが、スクイシーと大の仲良しで、夫婦は2匹を引き離すことができませんでした。そこで夫婦はルーとスクイシーを正式に家族の一員として迎えたそうです。

こうして雨の中で保護された子猫達は、優しい夫婦のおかげで幸せな生活を手に入れることができました。暖かい家の中で暮らし始めた子猫達は、もう二度と寒さに震えることはありません。これからも大好きな家族に寄り添いながら、全身で幸せを感じていくことでしょう(*´ェ`*)
出典:StonemonkeyKinglovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう