人生に、もふもふを。

「ねぇ、ちょっとこっちに来て」と真夜中に里親さんを呼びに来た妊娠中の猫。導かれるままついて行くと驚きの出来事が!

0

ある夜のこと、妊娠中に保護されたシャム猫の『ソフィア』が、眠っていた里親のシンディーさんを呼びに来ました。

突然夜中に起こされたシンディーさんは「飲み水でも無くなったのかな?」と思い、ソフィアの後をついて行きました。しかし、ソフィアはそのまま浴室に入ると、シンディーさんの足の上に腰を下ろしたのです。シンディーさんが「どうしたのかな?」と思っていると、ソフィアの大きくなっていたお腹が動き始めました。

どうやらソフィアは信頼できるシンディーさんを立ち会わせて、出産することにしたようです!

しかし、最初の子猫がなかなか出てきませんでした。ソフィアは激しく動揺し、数分間浴室を走り回ると、最後にシンディーさんの足の間に座り込みました。

そんなソフィアを落ち着かせようと、シンディーさんが身体を撫でようとした瞬間、最初の子猫がお腹の中から出てきました! その後、3匹の子猫を次々に産んだソフィアは、さっそく子猫達の毛づくろいを始めたそうです。

こちらがソフィアの自慢の子供達です。名前はアリス、コール、マリー、アデリーン。

子猫達はみんな健康で、ソフィアお母さんにしっかりと育てられています。ソフィアは可愛い子猫達にミルクをあげながら、いつも幸せそうに喉を鳴らし続けているそうです♪

こうして妊娠中に保護されたソフィアは、優しいシンディーさんに見守られながら無事に出産することができました。シンディーさんはソフィアが自分のことを信頼して、出産を知らせてくれたことがとても嬉しかったそうです。

その後、ソフィアにたくさんの愛情を注がれた子猫達は、新しい家へと旅立っていきました。今は新しい里親さんにたっぷりと甘えながら、幸せな毎日を送っているそうです♪
出典:foster_kittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう