人生に、もふもふを。

6年間毎日お客さんを迎えてきたヘアサロンの猫。重要な仕事を担当し、来店したお客さんの膝と心を温め続ける (*´ω`*)♡

0

今から約9年前、オーストラリアのメルボルンに住むにクリス・グリエルミさんが、家の近くで生後8週の野良の子猫を発見しました。可哀想に思ったクリスさんは子猫を保護して、動物病院へと連れて行きました。

その後、子猫が元気を取り戻すと、クリスさんは再び子猫に会いに動物病院へと足を運びました。そして子猫に『ベティ・ブー』と名づけて、正式に家族に迎えたのです。

ベティはクリスさんの元で愛情深い猫へと成長しました。ベティは人間のことが大好きで、特に膝の上はお気に入りの場所だそうです。

クリスさんは2013年10月にヘアサロン『ババール・ヘア』をオープンしました。もちろんベティもサロンのお手伝いをしたいと思っていました。

その後、サロンで働き始めたベティは、クリスさんの仕事を手伝うだけでなく、サロンに来るお客さんに快適さを提供し、ギュッと抱きしめて、膝を温める仕事を引き受けました。ベティはこのサロンで唯一のプロフェッショナルな猫のアシスタントとして働き始めたのです。

お客さんがソファーで待っていると、ベティはお客さんと接するためにそちらへと向かいます。また、お客さんが髪の毛をカットしている最中も、膝の上に座ってくつろぎの時間を提供してくれるそうです。

サロンには椅子やソファーや様々な棚がありますが、ベティが一番好きなのは、やっぱり人間の膝の上です。

お客さんに寄り添っている時のベティは、とても幸せそうな姿を見せてくれます。そんなベティの姿を見たお客さんは、自然と笑顔が溢れてくるそうです♪

ベティは髪を洗っている人を見つけると、一直線にその人のところへと向かい、膝の上に飛び乗ります。どうやらベティは髪の毛が水に浸っている『恐ろしい光景』を見て、少しでも慰めてあげたいと思っているようです( *´艸`)

膝の上のベティはいつも撫でられる準備ができています。また、ベティは時々お客さんの膝の上で眠ってしまうこともあるのですが、その姿を見たお客さんは幸せそうなベティを起こすことができないそうです。

どうやらベティにとって、お客さんは最高の枕のようです♪

ベティはお客さんの膝にヒーターのような温もりを感じています。そして、お客さんも膝の上のベティに、最高の温もりを感じているのです。

ベティはお客さんが電話を操作していると、じっと顔を見つめてきます。そして、「電話を置いて、私を撫でて!」と言っているかのように、ナデナデを要求してくるそうです♪

そして、無事に撫でてもらうと、この通り(*´ω`*)

どうやらベティは全ての膝に乗らないと気が済まないようです♪

そして、お客さんに身体を撫でてもらうと、ベティは世界一幸せな猫へと変身するのです♪

ベティは完全に膝のとりこになっていて、お客さんがソファで待っている時も、髪を洗っている時も膝の上に飛び乗ってきます。そしてそれは、お客さんにとっても最高の時間になっているのです♪

ベティは毎日休むことなくサロンでお客さんを出迎えます。ベティはいつも様々な膝の上で丸くなれるのを楽しみに待っているのです♪

こうして幼い頃に保護されたベティは、自分にピッタリの家に迎えられました。これからもベティの幸せなヘアサロン生活は、ずっと続いていきそうですね(*´ω`*)
出典:bettyboo_thesaloncatlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう