人生に、もふもふを。

ロードレースの練習中に、お腹を空かせた迷子の子猫を発見! シャツに入れて安全な場所へと連れて行き、幼い命を救い出す

0

ある日、トルコに住むサイクリストのオズグネ・ネバースさんが、定期トレーニングに出かけていました。ネバースさんはその日、空港で折り返して職場近くのボアジチ大学に戻ってくる予定を立てていました。

顔を出す子猫出典:ozgurnevres (lovemeow)

ネバースさんは自宅から50km離れた空港に着き、飛行機の離着陸の写真を撮ろうと自転車を止めました。するとどこからか子猫の声が聞こえてきたのです。ネバースさんは普段から動物に優しい人で、子猫のことがとても心配になりました。早速ネバースさんが声を頼りに子猫を探し始めると、物陰に独りぼっちの子猫の姿を発見したのです。

「子猫は私に気づくと、鳴きながらこちらに走ってきました。子猫は生後4週ほどで、とてもお腹が空いているように見えました。私は子猫を置いて、その場から去ることができませんでした」とネバースさんは言いました。

子猫を発見した場所は空港やお店、住宅地から離れたところにあったため、食べ物を手に入れることができませんでした。「子猫は助けを求めて鳴き続けていました。私はボアジチ大学に子猫を連れて帰ることに決めました。」

ネバースさんはお腹を空かせた子猫に一刻も早く食べ物と水を与えなければと強く感じ、慎重に子猫を自分のシャツに入れてペダルを漕ぎ始めました。

「驚いたことに子猫は全く怖がっていませんでした。それどころか旅を楽しんでいるようにも見えました。子猫は私のシャツから頭を出して、辺りの景色を見始めました。」

子猫の様子はこちら。

どうやら子猫はネバースさんの温かさに安心したようです。また、自分が安全な場所に運ばれているのが分かったようで、移動中に暴れたり鳴いたりすることはなかったそうです。

その後、無事に大学に着いたネバースさんは、食べ物を子猫に食べさせてあげることができました。さらにネバースさんは子猫がずっと幸せでいられように、生涯の家を見つけることに決めたのです。

見つめる子猫出典:ozgurnevres

翌日、ネバースさんはブログに子猫との出会いと里親募集についての書き込みをしました。すると2時間後に連絡が入ってきて、子猫を無事に新しい家へと送り出すことができたのです。

こうしてネバースさんに助けられた子猫は、生涯の家で暮らし始めました。ネバースさんは新しい里親さんから送られてきた写真を見て、とても幸せな気持ちに包まれたそうです。

遊ぶ子猫出典:ozgurnevres

ネバースさんはこれまでにも多くの猫や野鳥を救助してきました。また、大学の敷地内にはたくさんの猫がいて、ネバースさんのオフィスを訪ねてきた時は、いつも優しく世話をして、猫達の暮らしを助けているそうです(*´ω`*)
出典:ozgurnevreslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう