人生に、もふもふを。

猫の世話を手伝うために保護施設にやって来た女の子。子猫の猛アプローチを受けて、一瞬のうちに離れられない存在に♪

0

ある日、1人の女の子が保護猫達の世話をするために、家族と一緒に保護施設へとやって来ました。しかし女の子はそこで、1匹の愛らしい子猫に選ばれることになったのです(*´ω`*)

スリスリする猫出典:justcatstasmania

子猫の『バタースコッチ』は2〜3週齢の時に、オーストラリアのタスマニア州にある牧場の納屋で見つかりました。バタースコッチはすぐに保護されて、保護施設『ジャスト・キャッツ・タスマニア』へと運ばれました。

「バタースコッチは新しい里親さんと出会うために、私達の施設へとやって来ました。その翌日には彼女の兄弟が見つかり、さらに1週間後にはもう1匹の兄弟が見つかりました」とスタッフのレイチェル・ビーチさんが言いました。

バタースコッチは養育主さんの家でたくさんの愛情を注がれ、温かいハグをしてもらいました。するとすぐに人間の優しさに気づき、人間好きの子猫へと生まれ変わったのです。

バタースコッチは誰かが近づいてくるたびに腕の中に入ってきて、ハグと愛情を求めてくるようになりました。

保護から8週間後、里子に出る準備が整ったバタースコッチは、養育主さんの家から施設へと戻ってきました。

そして先週の水曜日、シェルビーという名前の女の子と家族が、猫達の世話を手伝うために保護施設へとやって来ました。家族と施設の中に入ったシェルビーちゃんは、ひとりで丸くなっていたバタースコッチに目が止まり、挨拶をするために近づいて行きました。

一方のバタースコッチはシェルビーちゃんが近づいてくるのを確認すると、すぐに立ち上がって挨拶のキスをしました。そして幸せいっぱいにスリスリし始めたのです♡

シェルビーちゃんはとっても愛らしいバタースコッチの行動に、完全に心を奪われました。

幸せな子猫出典:justcatstasmania

そしてふたりは一瞬のうちに結ばれたのです!

その時の様子はこちら。

その日の夜、シェルビーちゃんはバタースコッチを残して帰宅したことがとても気になって、眠ることができませんでした。そんな娘の姿を見た両親は、バタースコッチを連れて帰らなければと強く感じたそうです。

「家族はバタースコッチに恋をして、バタースコッチも家族に恋をしました。家族は翌日、私達のところに連絡をしてきて、バタースコッチを家族に迎えました。」

バタースコッチはすぐに新しい家に馴染んで、家族にたくさんのハグを求めてきました。その姿はまるで、バタースコッチが以前からこの家でずっと暮らしていたかのようでした。

「バタースコッチはここが既に自分の家だと分かっているようです。彼女はいつも元気いっぱいに家中を駆け回っています」と家族は嬉しそうに話してくれました。

シェルビーちゃんはいつもバタースコッチを両手で抱きしめ、バタースコッチはシェルビーちゃんに鼻をぶつけながら、幸せそうに過ごしているそうです♪

こうして里親さんを待っていたバタースコッチは、保護施設に手伝いにやって来たシェルビーちゃんと結ばれました。これからもふたりはお互いに愛情を注ぎ合いながら、いつまでも幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:justcatstasmanialovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう