人生に、もふもふを。

悲しそうな目で、迎えに来てくれる人をずっと待っていた保護猫。ついに新しい家族に出会うと、幸せに満ちた毎日が始まる

0

ある日、保護施設『BARCS・アニマル・シェルター』に、飼い主さんが高齢になったため、ほとんど世話をされていなかった猫達がやって来ました。

施設のスタッフ達は全ての猫を受け入れ、それぞれの猫達に必要な治療を行いました。そして、辛い時期を過ごしてきた全ての猫に、素晴らしい家を見つけることを決心したのです。

見つめる猫出典:Kyle Gorinson (lovemeow)

施設に入った猫達の中に『ウィーン』という名前の9歳の猫がいました。ウィーンはたくさんのノミで貧血になり、呼吸をするのも辛そうで、食事をする意欲も失っていました。施設の医療チームはすぐにウィーンの治療を始めました。

ウィーンは病気で身体が弱っていたため、常にそばで看護してくれる、特別な里親さんを必要としていました。

じっと見つめる猫出典:Kyle Gorinson

そんな辛い状況の中にいたウィーンでしたが、人間のことが大好きで、ずっとケージの中で里親さんになってくれる人を待っていました。

「誰かがケージの前を通り過ぎるたびに、ウィーンは目を輝かせ、精一杯の声で話しかけ続けました。そして、みんなの注意を引くためにシッポを大きく振っていました」とスタッフは言いました。

スタッフ達は一刻も早く里親さんを見つけるために、SNSにウィーンの話を投稿し、ウィーンに愛情を注いでくれる人を待ちました。

寂しそうな猫出典:Kyle Gorinson

ウィーンは非常に痩せ細っていたため、体重を増やす必要がありました。しかし、施設の環境ではどうしてもウィーンが神経質になってしまい、ご飯を食べるのにも苦労していたそうです。

ウィーンの親友の『エルビス』はウィーンの不安を少しでも和らげるために、一日中そばから離れようとしませんでした。ふたりはお互いのことを信頼し、完全に切り離すことのできない存在だったのです。

箱に入る猫出典:Kyle Gorinson

こちらはウィーンがスタッフから愛情を注がれている時の様子です。(動画)

ウィーンの目の上には嚢胞(のうほう)があり、手術で取り除く必要がありました。しかし、ウィーンはそんな状況にもかかわらず、とても社交的で愛情深く、人間に甘えるのが大好きでした。

悲しい目の猫出典:Kyle Gorinson

そしてある日のこと、ウィーンがいつものようにケージの中に座っていると、ウィーンに会いにきたと言う人がケージの前で足を止めました。それはウィーンがずっと願っていた夢が叶った瞬間でした。

「その日、ウィーンとエルビスは同じ家へと旅立っていきました」とスタッフのカイルさんは嬉しそうに話してくれました。

見つめる猫出典:BARCSbaltimore

ウィーンには現在、自分を愛してくれる家族がいて、安心して暮らすことのできる家があります。そしていつも隣には、大切な親友のエルビスがいるのです。

ウィーンは新しい家でたくさんの愛情を注がれながら、優しい家族やエルビスと一緒に、幸せな第2の人生を歩んでいるそうです。
出典:Kyle Gorinson/BARCSbaltimorelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう