人生に、もふもふを。

お腹の中の子猫達のために、キャリーに自ら入ってきた野良猫。安全な家の中で子猫達と一緒の新しい生活を始める!

0

ある日、保護施設『リトル・ワンダラーズNYC』に路上を彷徨い歩く野良猫についての連絡が入りました。猫は妊娠していて、誰かの助けを必要としていました。

猫は体調が非常に悪い状態で発見されて、できるだけ早く安全な場所に連れていく必要がありました。猫の窮状を知ったスタッフのジェンさんは、その日の予定を全てキャンセルして、猫の救出へと向かいました。

その後、ジェンさんが妊娠中の猫を見つけると、猫はもう既に路上での生活に別れを告げる準備が整っていると言っているかのように、ジェンさんのところまで歩いてきました。

ジェンさんはキャリーを地面に置いて、猫のために猫缶のフタを開けて近くに置きました。するとすぐに猫はキャットフードを食べ始めました。猫はジェスさんの優しさに感謝して、自らキャリーの中へと入ったそうです。

その日、猫は路上での生活に別れを告げて、安全な家の中で新しい生活をスタートさせました。「猫の名前は『フリー』で、今は自由に家の中で過ごしています。彼女はもう天敵を恐れる必要も、空腹を我慢する必要もありません」と保護施設のスタッフが言いました。

スタッフ達はすぐにフリーのために養育主さんを探し始めました。

その話を聞いた養育ボランティアのケイトリンさんは、フリーを助けるために立ち上がりました。ケイトリンさんがフリーを自宅に連れて帰ると、フリーはすぐにリラックスし始めたそうです。

フリーは家の中がとても快適だと感じたようで、早速ソファーで横になって、仰向けで眠り始めました。

「フリーはまだ1歳未満で、とても甘い猫です。彼女はずっと路上で暮らしていたにもかかわらず、人間のことを信頼しています」とケイトリンさんが言いました。

そして保護から数週間後、フリーは子猫達を出産しました。

フリーはすぐに世話を始めて、子猫達の要求に応えることに最善を尽くしました。またフリーはいつも近くにケイトリンさんがいることをとても嬉しく思っていました。

フリーは一日中子猫達のそばに留まり、子猫達の世話をして、毛づくろいをして、たくさんの愛情を注ぎ続けました。フリーはもう食べ物や避難場所を気にする必要が無いため、全ての力を子猫達に注ぐことができたのです。

子猫達はそれぞれ『ジェイド』、『ウィッシュボーン』、『クローバー』、『エイコーン』、『レディバグ』と名づけられました。

そして昨日、子猫達は2週齢を迎えました。子猫達の目は大きく開き、耳が広がってきているそうです。

フリーは毎日大切な子猫達を愛情いっぱいに育てていて、子猫達はフリーのおかげで飛躍的に成長を続けているそうです。

こうして路上から助け出されたフリーは、安全な家の中で子育てに専念することができました。フリーはこれからも子猫達にたくさんの愛情を注ぎながら、幸せいっぱいの日々を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:littlewanderersnyclovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう