人生に、もふもふを。

ご飯が喉を通らず、日に日に衰弱していった子猫。保護先で出会った猫と女性のおかげで回復し、幸せな人生を歩み始める

0

ある日、カナダのモントリオールにある保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に、助けが必要な子猫についての連絡が入りました。

立ち上がる子猫出典:Rescuechatonsmontreal (lovemeow)

子猫はペットショップから家にやって来てすぐに体調を崩し、日に日に体調を悪化させていきました。心配した飼い主さんが子猫を動物病院に連れて行くと、子猫が体重不足で、消化器系に問題を抱えていることが分かりました。

「子猫は母猫から離されるのが早過ぎました。飼い主さんは帰宅後すぐに、子猫の様子がおかしいことに気づきました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんは言いました。

座る子猫出典:Rescuechatonsmontreal

子猫の状態は悪化を続け、その小さな身体の中に食べ物を保つことができなくなっていました。飼い主さんは毎日弱っていく子猫の姿を見て、保護施設に助けを求めることに決めたのです。

「子猫は5日間、ご飯をお腹に入れることができませんでした。飼い主さんはどうしても子猫を回復させることができなかったため、私達の施設に連絡をしてきました。」

細い子猫出典:Rescuechatonsmontreal

施設に着いた子猫は、ひどく痩せ細っていて、脱水症状に陥っていて、体重が120gも減少していました。施設のスタッフ達は子猫に水分を補給し、抗生物質を与えて、シリンジを使ってご飯を食べさせ始めました。

またスタッフ達は子猫に『プセ』と名づけました。

包まれる子猫出典:Rescuechatonsmontreal

その後、養育ボランティアのバレリーさんが、プセを自宅へと連れて帰りました。それから1週間、プセは食べることに苦労し、非常に衰弱した状態が続きました。しかし、そんな中でもバレリーさんは決して諦めず、24時間の看護を続け、プセに少しずつご飯を食べさせ続けたのです。

「プセの胃は非常に悪い状態でしたが、少しずつ体重を増やしていきました。獣医さんの治療とバレリーさんの献身的な看護がなければ、彼は命をつなぐことができなかったことでしょう。」

見上げる子猫出典:Rescuechatonsmontreal

バレリーさんは食後に毎回、プセを優しく抱きしめました。そのおかげでプセは温かさと愛情を感じて、安心して眠りにつくことができたのです。

「最初の頃のプセは、とても弱っていました。でもバレリーさんが抱きしめ始めると、彼は元気を取り戻していき、少しずつ快方へと向かい始めました。」

プセは常に愛情を求めていて、バレリーさんがそばからいなくなるとすぐに大きな声で鳴き始めました。そのためバレリーさんはいつもプセを抱えながら、一緒に家の中を移動したそうです。

「プセは独りぼっちになりたくなくて、いつもバレリーさんの腕の中で眠りました。そして10日後には、彼はひとりでご飯が食べられるようになり、ついに元気を取り戻すことができました。」

抱っこされる子猫出典:Rescuechatonsmontreal

それ以来、プセはいつも幸せいっぱいの姿を見せてくれるようになりました。プセはたくさんのご飯でお腹を膨らませ、全身がエネルギーで満ち溢れていました。

「プセが元気を取り戻すと、バレリーさんの飼い猫の『ザッキー』が養育を手伝ってくれました。ザッキーは幼いプセに、これから猫として生きていくために大切なことを教え始めました。」

子猫と猫出典:Rescuechatonsmontreal

プセはザッキーのことがすぐに好きになり、ザッキーの後をいつも追うようになりました。そのためプセが遊んでいない時は、いつもザッキーに寄り添いながら幸せそうにしているそうです。

子猫と猫出典:Rescuechatonsmontreal

現在、生後9週目を迎えたプセは、もう少しで里子に出る準備が整います。施設のスタッフ達はプセが新しい家でも寂しさを感じないように、既に猫を飼っている家にプセを里子に出そうと考えているそうです。

仲良しな子猫と猫出典:Rescuechatonsmontreal

こうして生死の境を彷徨っていたプセは、バレリーさんやザッキーのおかげで大きく成長することができました。プセは現在、毎日の暮らしに大きな幸せを感じていて、いつも家の中で喉をゴロゴロと鳴らし続けているそうです(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう