人生に、もふもふを。

訪れた保護施設で18歳の老猫にアプローチされた男性。そのまま家に連れて帰ると、毎日が驚くほど幸せいっぱいに (*´ω`*)

0

ある日、18歳の老猫の『サミー』が飼い主さんによって、地元の保護施設に連れて来られました。飼い主さんは引っ越し先にサミーを連れて行くことができなかったそうです。

その後、長い間里親さんが見つからなかったサミーは、別の保護施設『パーフェクト・パルス』に引き取られて、そこで里親さんを待つことになりました。

眠る猫出典:PurrfectPals

とっても愛らしいサミーは、新しい保護施設でスタッフ全員をとりこにしました。「サミーはいつも白い靴下とタキシードを身につけています。彼はとても愛情深い猫で、スタッフのみんなから愛されています。彼は慢性腎臓病を患っていますが、処方された薬のおかげでいつも気分良く過ごしています」とスタッフは言いました。

新しい保護施設に来たサミーでしたが、やはりすぐには家は決まりませんでした。「健康問題を抱えている老猫は、なかなか里親さんを見つけることができません。サミーも同じように、長い間里親さんを見つけられませんでした。」

スタッフ達はサミーが残りの人生を静かに暮らせるように、生涯の家が見つかることを強く望んでいました。

起き上がる猫出典:PurrfectPals

そんな中、ティム・アダムスさんがFacebookでサミーのことを知りました。「私の家には既に老猫が暮らしていて、家族は新しい老猫を引き取ることに否定的でした。でも私はサミーのことがどうしても気になりました」とティムさんは言いました。

まったり猫出典:Tim Adams

ティムさんの家で暮らす老猫の『ペニー』も病気を患っていて、獣医さんから処方された腎臓病用のご飯を食べていました。ペニーは少し前まで猫の友達と一緒に暮らしていましたが、友達が亡くなってからは寂しそうな日々を過ごしていたそうです。

ティムさんはサミーに会いに保護施設へと向かいました。「サミーは最初、とても悲しそうに見えましたが、すぐに私の方へと向かって来ました。彼は私に好意を持ってくれたようです。」

「サミーは私の手に何度も頭を擦りつけてきました。もしかすると彼は、私が迎えに来たことを知っていたのかもしれません。」

見つめる猫出典:Tim Adams

その後、ティムさんの家で暮らし始めたサミーは、すぐに新しい環境に適応しました。サミーは綺麗に容器からご飯を食べて、トイレも問題なく使うことができました。

「サミーはすぐに私と結びつきました。保護から2日後には、まるで私の影のようになって、どこへ行ってもついてくるようになりました。彼は私が座っている時も寝ている時も、私に寄り添いながらくつろぎ始めます。」

寄り添う猫出典:Tim Adams

さらにサミーは先住猫のペニーとも日に日に仲良くなっているそうです。

そんなフレンドリーなサミーですが、一番好きな娯楽は人間の腕の中に挟まりながら眠ることだそうです♪

眠る猫出典:Tim Adams

すっかりティムさん家族の一員になったサミーの写真を見て、サミーを送り出したスタッフ達も、とても幸せな気持ちに包まれたそうです。

「ティムさんはサミーを長い保護施設での生活から救い出しただけでなく、猫達に家族がいることの大切さを私達に再認識させてくれました。私達はこれからも不幸な猫達を減らすために、活動を続けていこうと思います」とスタッフは話してくれました。

幸せな猫出典:Tim Adams

こうして保護施設に連れて来られた老猫のサミーは、余生を過ごす場所と大好きな家族を見つけました。サミーがあとどれくらい生きられるかは分かりませんが、きっと最期を迎える瞬間まで幸せを感じながら暮らしていくことでしょう(*´ω`*)
出典:PurrfectPals/Tim Adams/lovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう