人生に、もふもふを。

里親さんに渡せるくらいに成長するまで、一時的にあずかった保護子猫。先住猫と出会うと… (7枚)

0

イギリスのとある路上で母猫を失った4匹の子猫達が発見され、近くに住むステイシーさんの元に連絡が入りました。動物病院でスタッフをしていたステイシーさんは、捨てられた子猫が里親さんのところへ行けるようになるまでの間、子猫を預かり、育てるというボランティア活動をしていたのです。

usagi_cat01

やせ細った4匹の子猫を預かったステイシーさんは、一日中ご飯を食べたり、身の回りの世話をしたりと忙しい日々が続きました。ステイシーさんが4匹の子猫を世話しているうちに、『シナモン』と名付けた子猫のことが、とても気になり始めました。

可愛い子猫

シナモンは顔に「!(ビックリマーク)」の模様があり、とても特徴的な顔をしています。

見上げる子猫

シナモンはすぐに、先住ウサギの『クローバー』と仲良くなりました。どうやら優しいクローバーのことをお母さんみたいに思っているようです。

ウサギに飛びつく子猫

また、ステイシーさんの家には『パンケーキ』という名の先住猫が住んでいました。猫のパンケーキとウサギのクローバーは、ともに保護施設から引き取った動物達でした。

パンケーキは最初、4匹の子猫が家に来たことを喜んでいなかったようですが、なぜかシナモンとだけは気が合ったようです。

遊ぶ子猫

ふたりは日を追うごとに仲良くなっていきました。そして、パンケーキはシナモンの世話をするようになったのです。

楽しそうに遊ぶ子猫

今ではすっかり仲良くなり、パンケーキはシナモンを離さなくなりました。ステイシーさんは、パンケーキのためにもシナモンを里親さんに出さずに、このまま引き取ろうと考えているそうです。

子猫を抱きしめる猫

ステイシーさんの素晴らしいボランティア活動が、偶然パンケーキとシナモンを結びつけました。離れられなくなったふたりは、ステイシーさんのおかげで、ずっと一緒に暮らせていけそうです。お互いに大切に思える相手と巡り会えて、本当に良かったですね!

出典:instagram.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう