人生に、もふもふを。

動けない猫を必死に守る犬。捨てられた2匹の絆に心を打たれる…

0

ある日、アメリカのフロリダの路上で捨てられた猫と犬が発見されました。動物愛護団体のスタッフが現場に駆けつけ、2匹を保護しようとすると、猫を守るように犬が激しく吠え始めたのです。

実は、この猫は生まれたときから4本の足全てが麻痺していて、自由に動くことができなかったのです。犬はそんな猫を必死に守ろうとしていたのです。

猫を守る犬

2匹は無事に保護され、猫は『ルース』、ダックスフントは『イジー』と名付けられました。2匹の栄養状態は悪くなく、最近までどこかの家で飼われていたことが分かりました。

猫と犬はいつもいっしょ

保護された2匹はとても仲が良く、いつもいっしょに過ごします。
イジーが新しいオモチャをもらうと、ルースといっしょにそのオモチャで遊ぶそうです。

ベッドで眠る

通常、州の保護施設では犬と猫は収容場所が異なるため、2匹はバラバラになってしまいます。しかし、この2匹の話を聞いたハリウッドにある民間の動物愛護団体「Project Paws」が、2匹の暮らす場所を提供してくれることになったのです。

お互いの絆に胸が熱くなる

仲良しな2匹は散歩するときもいっしょです。ルースを乗せた車椅子をイジーが引っ張りながら散歩します。

猫を連れて散歩する犬

今も2匹はいつもいっしょで、片時もそばを離れることはありません。とても固い絆で結ばれた2匹を誰も引き離すことはできないのです。

いつもいっしょ
くつろぐ犬と猫

2匹がいっしょにいる様子は、動画でも見ることができます。

ルースとイジーは、路上に捨てられていました。直前まで世話をされていたらしいことから、誰かに見つけられやすいように、路上の目立つところにわざと放置されたと思われます。

事情はどうあれ、これはとても無責任なことです。突然、路上に放置され、自由に動くことのできなかったルースはどんなに不安だったでしょう…。そんな中、ルースを支え続け、守り続けたイジーの姿に心を打たれます。

イジーの身体にはどこにも悪いところがないため、自由に好きなところへ行くことができます。しかし、2匹で捨てられていたときも、ルースのそばから離れようとはしませんでした。イジーは自分の意思で、ルースといっしょにいることを選んでいるのです。

そんな深い絆で結ばれた2匹の幸せそうな姿に胸が熱くなります。

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう