人生に、もふもふを。

路地で見つかった独りぼっちの幼い子猫。助けてくれた夫婦の心に寄り添いながら、家の中をたくさんの幸せで満たし続ける

0

ある日、ライリー・タオさんと彼女の夫が家の近くの路地で子猫の姿を発見しました。子猫は独りぼっちになっていて、お母さんを探して大きな声で鳴いていました。

可哀想に思った夫婦は子猫を自宅に連れて帰ると、暖かいベッドを用意して、2〜3時間おきにミルクを飲ませ続けました。「こんなに幼い子猫を育てるのは初めてのことでした。私達は子猫用のミルクを手に入れて、短い時間で多くのことを学びました」とライリーさんが言いました。

獣医さんからは子猫が命をつなぐのは難しいかもしれないと言われましたが、夫婦は決して子猫の命を諦めず、出来る限りのことをする決心をしていました。夫婦はそれから何日も眠れない夜を過ごしましたが、そのおかげで子猫はついに快方へと向かい始め、徐々に元気を取り戻していったのです。

夫婦は映画『ヒックとドラゴン』のキャラクターから名前をとって、子猫に『トゥースレス』と名づけました。

「トゥースレスは非常に強い赤ちゃんでした。彼女が私達のことを本当の親のように思ってくれたため、私達は彼女にとても愛着が湧きました。」

いつもたくさんの愛情を求めているトゥースレスは、再び独りぼっちになりたくなくて、常に夫婦の気を引こうとしてきました。トゥースレスはいつも夫婦の指に両手を巻きつけ、抱っこを強く要求してきました。

また食事の後は毎回必ず夫婦の腕に鼻を擦りつけてから、幸せそうに眠りに落ちていくそうです。

トゥースレスは自分用のベッドを使わずに、いつも夫婦のベッドで眠っていました。「トゥースレスは私達のベッドで『いないいないばー』をするのが好きで、その愛らしい姿に私達はいつも心を奪われています。」

トゥースレスは大きくなるにつれて全身の毛が黒くなっていき、愛らしい個性が現れ始めました。

それから数ヶ月で、トゥースレスはゴージャスな黒ヒョウのようになりました。

トゥースレスはいつも甘い声で人間の両親との会話を楽しんでいます。またトゥースレスは非常に好奇心が旺盛で、動くものを見つけるとすぐにロックオンして、勢いよく突撃していくそうです。

とってもイタズラ好きになったトゥースレスは、夫婦を物陰で待ち伏せしてコッソリと攻撃するのが大好きです。トゥースレスはいつも夫婦の元に笑いを届け、大きな喉のゴロゴロ音で家中を満たし続けているのです。

またトゥースレスは自分が望んでいるものの全てを手に入れます。トゥースレスは何か欲しいものがある時は子猫のようにおねだりして、誰にも「ノー」とは言わせないのです。

夫婦は毎朝、トゥースレスの愛らしいモーニングコールで目を覚まし、大きな丸い瞳に見つめられます。「毎朝目を覚ますと、私達の目に最高の光景が飛び込んできます。」

またトゥースレスはオヤツの袋や猫缶を開ける音を聞くと、すぐに目を輝かせながら向かってきます。そして、空いている膝を見つけると、嬉しそうに飛び乗って、大好きなハグを求めてくるそうです。

こうして路地から助け出されたトゥースレスは、優しい夫婦の元で新しい人生を歩み始めることができました。

トゥースレスが保護されてから2年以上が経ち、トゥースレスはすっかり大人の猫になりました。トゥースレスの身体の大きさは随分と変わりましたが、大好きな夫婦への気持ちは今でも全く変わっていないそうです(*´ω`*)
出典:toothless.sohlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう