人生に、もふもふを。

へその緒がついたままの状態で保護された子猫。冷たくなっていた身体を温めてもらい命をつなぐと毎日が幸せいっぱいに!

0

ある日、カナダのモントリオールの保護団体が、野外で発見された母親のいない迷子の子猫を受け入れました。子猫の身体は非常に冷たくなっていて、まだヘソの緒がついたままの状態でした。

保護団体のスタッフ達は何とか子猫を生死の境から救い出し、体温を正常な状態に戻しました。また子猫は養育主さんによる24時間の世話を必要としていたため、スタッフ達は地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に助けを求めました。

「私達の施設に着いた子猫はまだ体温調整ができない年齢だったため、私達は彼女の身体を温め続けました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

「子猫はとても幼く、まだ目も開いていませんでした。彼女の命を繋ぐためには養育主さんの看護が必要でした。」

その後、セリーヌさんから連絡を受けた養育ボランティアのミレーナさんが、子猫を受け取るために保護施設へと向かいました。そして無事に子猫を自宅に連れて帰ると、2時間ごとに哺乳瓶でミルクを飲ませ、食事のたびに子猫に寄り添い、常に体温を温かい状態に保ちました。

「幸いなことに『ルー』と名づけられた子猫はとても食欲があり、ミレーナさんが丸一日世話を続けると、体重が30g増えました。それはとても素晴らしいスタートでした。」

その後もルーは確実に成長していきました。

ルーは白い毛に黒い模様があったため、まるで牛のような模様をしていました。ルーは毎回ミルクをいっぱい飲んで、お腹を大きく膨らませていました。またルーは常に愛情を求めていて、何か伝えたいことがある時は、すぐに大きな声で鳴き始めました。

「ルーの生きる力は最初からとても強いものでした。彼女はすぐに哺乳瓶を掴み、驚くほどの勢いでミルクを飲み始めました。」

保護された時はとても小さかったルーですが、現在は飛躍的に成長を続けています。ルーは成長と共に足の使い方を理解し、部屋のいたるところを歩き回って、高いところにも登れるようになりました。

「ルーはとても好奇心が旺盛で恐れを知りません。彼女は毎日元気いっぱいで、愛らしい個性が日に日に輝き始めています。彼女はミレーナさんの家に来て以来、いつもミレーナさんのそばで幸せそうに過ごしています。」

生後4週を迎えたルーは少しずつ離乳食を食べ始めましたが、まだまだ哺乳瓶からミルクを飲むのが大好きです。またルーはミレーナさんのことを本当のお母さんのように思っていて、いつも愛らしい姿でたくさん甘えてくるそうです。

少し前までは独りぼっちだったルーですが、この家で出会った先住猫とも仲良くなりました。ルーはいつもミレーナさんの後を追いかけて、先住猫と一緒に膝の上で幸せな時間を過ごしているそうです。

「ルーは抱っこされるたびに幸せそうな反応を返します。彼女はミレーナさんと目の高さ合わせて、キスをしたり擦り寄ったりするのが本当に好きです」とセリーヌさんが嬉しそうに話してくれました。

こうして衰弱した状態で保護されたルーは、優しい人達のおかげで成長することができました。ルーは毎日が幸せいっぱいで、いつもたくさんの愛情を受け取りながら、すくすくと成長を続けているのです。
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう