人生に、もふもふを。

路上での生活に別れを告げることを決めた子猫。家の中に連れて行ってもらえるまで、私道に座り続けることを決意する

0

ある日、独りぼっちの迷子の子猫が家の私道に座り込んでいました。子猫は住人の家族に気づいてもらえるまで、ずっとその場に留まり続けることを心に決めていたようでした。「子猫は痩せ細っていて、鼻が詰まっていました。また感染症によって、片方の目が開かなくなっていました。私達は彼女を保護して、体調が回復するまで自宅で世話をすることに決めました」と家族が言いました。

家族は保護した子猫に『スウィーティー』と名づけました。

最初の数日間、スウィーティーは非常に弱々しく、哺乳瓶からミルクを飲んだり、動き回ったりするための元気もありませんでした。そのためスウィーティーは一日の多くの時間を眠って過ごしました。

「スウィーティーは上気道感染症を患っていました。彼女はいつも治療に協力的だったため、私達はとても助かりました。私達はペット用品店でシリンジを買ってきて、彼女に少しずつ栄養を与え続けました。」

それから数日間、家族は子猫にシリンジでご飯を食べさせ、獣医さんのアドバイスの通りに治療を続けました。

スウィーティーは病気から回復している間、ずっと家族のそばで過ごしていました。スウィーティーは温かい膝の上に幸せを感じ、心地良い毛布に包まれながら眠りにつきました。

その後無事にスウィーティーの目や鼻が正常な状態に戻り、体重が増え始め、徐々に力強くなっていきました。

「保護から数週間でスウィーティーは完全に回復しました。彼女はミルクを飲むのが大好きで、離乳食に移行するまでにはしばらく時間がかかりました。」

スウィーティーが元気を取り戻すと、好奇心の赴くままに探索を始め、すぐに愛らしい個性を開花させました。さらにスウィーティーは元々この家に住んでいた先住猫の『ミッキー』にも会いました。ふたりはお互いに興味を持ったようで、出会ってすぐに仲良くなったそうです。

「スウィーティーはミッキーと一緒に過ごすことで社会性を身につけ、猫としての生き方を学びました。」

また、保護される前はいつご飯が食べられるか分からなかったため、保護されてからも貪欲にご飯を食べていました。でもご飯が毎日食べられることに気づくと、ご飯の食べ方に大きな変化がありました。さらにスウィーティーは安全な家の中で心ゆくまで遊んで、エネルギー全開でいつも楽しそうに駆け回っているそうです。

スウィーティーはその愛らしい行動で、家族の元に計り知れないほどの喜びを運んできました。そして自然とスウィーティーは家族の心の奥深くへと入り込んでいったのです。「スウィーティーは毎回遊び疲れると、私達の身体の上で眠り始めます。それは本当に可愛らしくて、いつも私達の心を一瞬で溶かします。」

「私達は最初、スウィーティーが回復したら生涯の家を見つけようと考えていましたが、いつの間にか彼女を手放すことができなくなっていました。そのため私達は彼女を正式に家族の一員として迎えることに決めました。」

こうして路上を彷徨い歩いていたスウィーティーは、優しい家族のおかげで幸せな毎日を送ることができるようになりました。今のスウィーティーには大好きな家族やミッキーがいて、常に楽しい時間を過ごしているのです。

どうやらあの日、独りぼっちで彷徨い歩いていたスウィーティーは、自分が一番必要としていた場所に辿り着くことができたようです。

これからもスウィーティーはたくさんの愛情を感じながら、安全な家の中で幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:sweetie.kitty__lovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう