人生に、もふもふを。

幼い子猫の兄弟を死の淵から連れ戻した女性。たくさんの愛情を注ぎ続けると、子猫達からとっても素敵な恩返しが (*´ω`*)

0

ある日、助けを必要としている2匹の子猫『パンプキン』と『スパイス』が、養育ボランティアのウェンディーさんの家にやって来ました。

「子猫達の身体は非常に冷たくなっていて、体温を安定させるためにとても苦労しました」とウェンディーさんが言いました。

ウェンディーさんは24時間体制で子猫達の体温を保ちながら、2時間おきにご飯を食べさせ続けました。子猫達は産まれた直後に置き去りにされてしまったようで、とても弱々しい身体をしていました。

子猫達はいつ心臓が止まってもおかしくない状態でした。「子猫達が発見された時、母親と離ればなれになってからどのくらいの時間が経っていたかは分かりません。私が知っているのは、ふたりが暖かさと食べ物、そしてたくさんの愛情を必要としていることだけでした。」

ウェンディーさんはそれから何日も眠れない夜を過ごしました。その間、ウェンディーさんは子猫達の命が消えてしまうことをとても恐れていました。しかし、ウェンディーさんのおかげで何とか命をつないだ子猫達は、徐々にエネルギーを取り戻していったのです。

そして、ついに子猫達の目が開き、家の中の探索を始めました!

子猫達が日に日に良くなっていく姿は、ウェンディーさんの心を温めました。それは今までの苦労が報われた瞬間でもありました。

こちらは愛らしい表情を見せるパンプキンの姿です。

スパイスもこんな表情を見せてくれました。

ウェンディーさんのジャケットの中は、子猫達の憩いの場になりました。

産まれた時からずっと一緒のパンプキンとスパイスは、完全に切り離すことができない存在です。もちろん昼寝をする時も、子猫達はいつも抱きしめ合っているそうです。

そんないつも一緒の子猫達ですが、性格は少し違っていました。スパイスはヤンチャでイタズラ好きの性格で、パンプキンは少し引っ込み思案だそうです。

子猫達は1日のほとんどの時間をピッタリとくっつきながら、いつも幸せいっぱいに過ごしているそうです。

「2ヶ月半前、私は子猫達がこれ以上生きられないかもしれないと感じ、ふたりが生きた記録を残すためにビデオを撮り始めました。私はふたりとの一瞬一瞬を大切にしながら毎日を過ごしてきました。でもふたりは驚くほどの強い意志を持っていました。元気いっぱいふたりの姿はいつも私の心を温めてくれます。」

子猫達はウェンディーさんの優しさで命をつなぐことができ、大きな花を咲かせることができたのです。

元気になった子猫達は飛躍的に成長しました。子猫達はまだ不器用なところもありますが、とてもお茶目で健康で、常にエネルギーに満ち溢れているのです。

そんな子猫達はウェンディーさんの元で十分に成長すると、新しい家へと旅立って行きました。子猫達は新しい環境にもすぐに慣れて、さっそく生涯の家族に愛らしい姿をたくさん見せているそうです♪

こちらは子猫達がまだ幼かった時の様子です。

そして子猫達はこんなに大きく成長しました!

「子猫達の養育は辛いこともありますが、私は子猫達が元気になっていく姿を見るのが大好きです。それは人生をかける価値があります。」

「パンプキンとスパイスの人生の始まりは辛いものでしたが、無事に危険な時期を乗り越えることができました。私は彼らの人生を手助けできたことにとても感謝しています。」

優しいウェンディーさんにたくさんの愛情を注がれた子猫達は、きっと愛情深い猫へと成長し、新しい家族の元にもたくさんの幸せを届け続けることでしょう(*´ω`*)
出典:foster_furbabieslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう