人生に、もふもふを。

独りぼっちで保護された人間を怖がっていた子猫。勇気を出して人前に歩み出て、幸せいっぱいの毎日をスタートさせる!

0

昨年末のこと、路上で保護された独りぼっちの茶トラの子猫が保護施設へと運ばれてきました。子猫はとても警戒心が強く、施設のスタッフが近づくたびに「シャー!」と強く威嚇してきました。

子猫の話を聞いた養育ボランティアのジェニファーさんは、子猫を助けるために動き始めました。ジェニファーさんは『バターボール』と名づけた子猫に、暖かい家と快適なベッドを用意しました。

バターボールの身体にはノミと土がついていたため、ジェニファーさんはお風呂で全身を洗い流しました。「バターボールはとても綺麗になり、全身の毛がフワフワになりました。彼はとても気分が良くなったようで、愛らしい姿を見せてくれるようになりました」とジェニファーさんが言いました。

バターボールはしばらく毛布の下に隠れながら過ごした後、撫でられることに幸せを感じて、毛布の下から姿を現しました。それ以来、バターボールは確実に自分の殻から出てきて、安全な家の中での生活を完全に受け入れたのです。

バターボールは何か伝えたいことがあるたびに話しかけてきて、ジェニファーさんはその愛らしい要求に「ノー」と言うことができませんでした。またバターボールはジェニファーさんが部屋に入ってくるたびに大きな声で鳴き始めて、ジェニファーさんの注意を引いてきました。

さらにバターボールは膝の上が快適な場所だと気づくと、いつも膝の上に登ってくるようになり、幸せそうにゴロゴロと喉を鳴らしながらたくさん話しかけてきました。「バターボールはいつも幸せそうで、好奇心が旺盛で、お喋り好きの男の子です。」

そして、バターボールが十分に大きくなると、ジェニファーさんはベビーサークルからバターボールを卒業させて、部屋中を自由に動き回れるようにしました。バターボールは広い空間に好奇心が爆発したようで、部屋中を駆け回って、興味のあるものを見つけると楽しそうに飛びかかるようになりました。

さらにそれから数週間でバターボールは他の保護子猫達と仲良くなり、みんなで追いかけっこをしたり、プロレスごっこをしたりするようになりました。また全力で遊んで電池切れすると、いつもジェニファーさんに寄り添いながらエネルギーを充電しているそうです。

「バターボールは昼寝の時間に抱っこされると、いつも幸せそうに私のシャツをこね始めます。」

バターボールは常に自信を持って行動するようになり、他の子猫達と一緒に社会化していきました。そして、ついにバターボールが里子に出る準備を整えると、すぐに生涯の家族が目の前に現れました。Instagramでバターボールの写真を見た夫婦が、その愛らしい姿に一目惚れして、バターボールに会いに来たのです。

その後、バターボールが生涯の家に到着すると、すぐに夫婦の膝の上に登り始めました。そして、バターボールがこの家に住む3匹の猫達に会うと、さっそく興奮しながら猫達の方へと向かって行ったそうです。

それから数ヶ月が経ち、バターボールは随分と大きく成長しました。バターボールは人間のお父さんに寄り添うことが大好きになり、いつもお父さんが家に帰ってくると、嬉しそうに一直線に駆け寄って、愛らしい姿でおかえりの挨拶をしているそうです♪

バターボールの身体の大きさは随分と変わりましたが、以前から変わっていないことがあります。バターボールは昼寝の時間に家族に抱っこされると、いつも幸せそうにシャツをこね始めるのです♪

こうして保護先で人間の愛情を知ったバターボールは、安全な家の中で幸せな毎日を送り始めました。バターボールはこれからも優しい家族にたくさん甘えながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:newkittensontheblocklovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう