人生に、もふもふを。

路地に取り残されていた迷子の子猫。迎えられた家で優しいおばあちゃん猫を見つけると、愛らしい姿を見せてくれた♡

0

ある日、3週齢の迷子の子猫がカナダのモントリオールの街を彷徨い歩いていました。子猫を見つけた地元の女性は、大声で叫んでいる子猫の姿を見て、子猫を保護しなければならないと強く感じました。

その後、いつまでも母猫が戻って来なかったため、女性は子猫を地元の保護施設へと連れて行きました。施設に来たばかりの子猫はとても痩せ細っていて、全身がガリガリでした。

スタッフ達はすぐに子猫の身体を綺麗にすると、暖かいタオルで包み込みました。

「子猫はしばらく何も食べていなかったようです。そのため私達がミルクを用意すると、驚くほどの勢いで飲み始めました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

その後、『パステル』と名づけられた子猫はたくさんのミルクを飲んで、全身にエネルギーを満たしていきました。そして、ついに元気を取り戻したパステルは、たくさんの愛情を求めてくるようになったのです。

パステルが養育主さんの家に行ってから数日後、16歳のおばあちゃん猫の『マーシャ』に出会いました。マーシャはパステルのことを一目で好きになり、すぐに子守りを始めました。

一方、たくさんの愛情を求めていたパステルも、いつもそばにいてくれるマーシャのことがすぐに好きになりました。甘え盛りのパステルはいつもマーシャに抱きつきながら、満足そうに過ごしているそうです。

パステルはマーシャの近くにずっといたいようで、眠っている時以外はいつもマーシャのそばで過ごしています。そしてマーシャにピッタリと寄り添うと、幸せそうに喉を鳴らし始めるそうです。

ちなみにマーシャとパステルは毛色と柄が似ているため、養育主さんにはふたりの姿が本当のおばあちゃんと孫のように見えるそうです♪

パステルを温かく迎え入れたマーシャは、普段から困っている子猫達のことを気にかけている優しい猫です。マーシャは養育主さんが迷子の子猫を連れて来るたびに、子猫の身体を温めて、たくさんの愛情を注ぎ始めるそうです。

マーシャはパステルを優しく見守り、猫として生きていくために大切なことを教えました。一方のパステルもマーシャのやることを何でも真似して、マーシャから様々なことを学んでいるそうです。

マーシャのおかげで無事に5週齢を迎えたパステルは、容器から水を飲む方法を学びました。

パステルはとっても物知りなマーシャと一緒に、充実した毎日を過ごしているのです♪

パステルは優しいマーシャのおかげでいつも元気いっぱいです。毎日、家の中を大冒険するパステルは、面白い場所で発見されることもよくあるそうです♪

その後もすくすくと成長を続けたパステルは、無事に生涯の家へと旅立っていきました。マーシャのおかげで愛情豊かに育ったパステルは、新しい家族の元にもたくさんの幸せを届け続けているそうです(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう