人生に、もふもふを。

ある日、介護施設にふらっと現れた野良猫。それから毎日通って来るようになって、ついに施設で働き始める!

0

ある日、野良猫の『オレオ』がオハイオ州クリーブランドにある介護施設『セント・アウグスティヌス・ヘルス・ミニストリー』に姿を現しました。どうやらオレオはその施設がとても気に入ったようで、その日以来毎日やって来るようになったのです。

デスクに座る猫出典:StAugMinistries(cleveland)

誰にでもフレンドリーに接するオレオは、入居者達やスタッフ達の心を次々ととりこにしていきました。そしてある日のこと、スタッフ達の働く姿を見ていたオレオが、受付の椅子に座って、手伝いを始めたのです。

「オレオは施設の人達にとって家族のような存在です。彼女は入居者達を助け、スタッフの手伝いをしています。私達はみんな彼女のことが大好きです」と受付係のデルガードさんが言いました。

見上げる猫出典:StAugMinistries

この施設で暮らす入居者のほとんどが、自宅で暮らしていた時にペットを飼っていました。そのためオレオとの触れ合いは、入居者達に『懐かしい家』を思い出させてくれるそうです。

「みんながオレオのことをとても可愛がっています。彼女は毎日多くの笑いを運んできて、みんなの心を温めてくれています」と施設の責任者のカーンズさんが言いました。

好かれる猫出典:StAugMinistries

スタッフ達はみんな、施設に常駐するオレオのことを誇りに思っています。中にはオレオの写真をいつも持ち歩いているスタッフもいるそうです。

猫の写真出典:StAugMinistries

オレオは施設にいる全ての人に喜びを届けています。そして入居者達はオレオと接することで、自然と笑顔になり、毎日を楽しく過ごすことができるのです。

そんな優しいオレオは入居者のために車椅子を温めてくれることもあります。

見つめる猫出典:StAugMinistries

またオレオは就業時間が終わると、受付で写真撮影にも快く応じてくれるそうです♪

仕事する猫出典:StAugMinistries

オレオは時々、迎えの車を待つ入居者と一緒にベンチに座ることがあります。そして、車を一緒に待ちながら、たくさんの癒しと喜びをプレゼントしているそうです♪

座る猫出典:StAugMinistries

施設内で過ごすオレオの様子はこちら。

とっても愛らしいオレオに施設にいる全ての人が感謝しています。そして、日頃の「ありがとう」を伝えるためにオレオの身体を優しく撫でると、オレオはいつも幸せそうに喉を鳴らし始めるそうです♪
出典:StAugMinistrieslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう