人生に、もふもふを。

保護された先で最高の出会いを果たした子猫達。いつもピッタリと寄り添って、ついにお互いの夢を実現させる!

0

ある日、『ピコ』と名づけられたキジトラの子猫とその兄弟が保護施設『ジンズ・ボトル・ベビーズ』に運ばれてきました。子猫達は養育ボランティアのジェンさんに引き取られて、養育されることになりました。

その後、子猫達が里子に出られるくらいまでに成長すると、それぞれの里親さんの元へと旅立っていきました。しかしピコだけは最後まで里親さんが決まらず、独りぼっちになってしまったのです。

ちょうどその頃、『レスラー』と名づけられた迷子の子猫が保護されました。レスラーは養育主さんの世話を必要としていたため、ジェンさんはすぐに養育することを申し出ました。「レスラーはとっても大人しい子猫で、箱の中で寝たり、私の肩の上で寝るのが好きです。」

そんなレスラーの鳴き声を聞いたピコは、すぐにレスラーに会いたくなりました。そしてレスラーが子猫部屋にやって来ると、ピコは自然とレスラーに引き寄せられたのです。

「ピコとレスラーは一瞬で打ち解けて、最高の友達になりました。ふたりはその日以来、いつも一緒に行動するようになりました」とジェンさんが言いました。

ピコはとても好奇心旺盛で社交的な性格で、レスラーは落ち着いた性格をしていました。ふたりの性格は全く違っていましたが、お互いのことを完全に補完し合っていました。

ピコはいつもレスラーに抱きついたり、昼寝のために寄り添ったりしています。ふたりは昼寝のスペースを毎回共有し、その場所がたとえ狭くても離れることはありませんでした。

「ふたりが好きなことは部屋の中を一緒にブラブラと散歩することです。また、時々先住猫のロメオと一緒に遊んだりしています。」

ふたりはいつも一緒に行動するため、どちらかがトンネルのオモチャで遊び始めると、もうひとりが必ずその後に続くそうです。

ふたりは時々先住猫に寄り添ったり、枕の代わりにしたり、一緒に猫団子になりながら喉を鳴らしたりしています。ふたりは常にペアで行動していて、決して分離することはできないのです。

「ふたりの出会いは完璧なものでした。ふたりはそれぞれ別の母親から生まれましたが、今は完全に兄弟のような関係になっています。」

ピコとレスラーは生涯の家族との出会いを待っている間も、お互いにハグをしたり、幸せそうに喉を鳴らし続けていました。そして里親募集から数週間後、ついにふたりの夢が実現したのです!

「ピコとレスラーは同じ家族の元で暮らし始めました。ふたりは新しい家にとても興奮していて、その姿に私達も興奮しました。」

「完璧な家を手に入れたふたりはいつも幸せそうに過ごしています。ふたりは映画『マダガスカル』の登場人物から名前をとって、ピコが『ジュリアン』に、レスラーが『マーティ』に名前を変えました」とジェンさんが話してくれました。

こうして別々の場所で保護されたふたりは、優しい人達のおかげで新しい人生を歩み始めることができました。これからもふたりはお互いに愛情を注ぎ合いながら、いつまでも幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:chaos.in.cat.shapelovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう