人生に、もふもふを。

ずっと一緒に暮らしてきた大切な愛猫を失った女性。深い悲しみに暮れる中、愛猫にそっくりな子猫と運命の出会いを果たす

0

ある日、動物病院『ノヴァ・キャット・クリニック』で獣医をしているエレン・カロッツァさんに悲しい出来事が起こりました。エレンさんが7年間一緒に暮らしていた愛猫の『ベニー』が動脈血栓塞栓症により亡くなったのです。

ベニーはエレンさんの体の一部で、いつも力をくれる存在でした。ベニーはエレンさんが預かってきた多くの保護子猫達の養育を手伝い、たくさんの愛情を注ぎ続けてきました。

ベニーは毎回、率先してお父さんの役割を引き受けて、困っている子猫達の心を救ってきました。「ベニーはちょうど私が一番大変な時にやって来て、私のことを助けてくれました」とエレンさんが言いました。

「ベニーが亡くなった日、私の魂が彼と一緒に消えました。仕事を終えて家に帰っても、彼はもうそこにはいません。私は自分の胸に穴が空いたように感じました。」

エレンさんは悲しみに暮れながらも、動物病院にやって来る動物達の治療を続けました。「何かに専念している時は大丈夫ですが、ふとした瞬間に深く落ち込みます。ベニーはただの猫ではなく、私の全てでした。」

「ベニーは数匹の猫と一緒に私のそばにいてくれました。私は彼を失いましたが、いつかきっと彼が再び目の前に現れるように思っていました。でもそれがいつなのかは分かりませんでした。」

そして、ベニーが亡くなってから約1ヶ月後、エレンさんは保護施設『CGMFF』から、助けを必要としている子猫達についての連絡を受けました。

「その日、私の元に病気の子猫達についての連絡がありました。私が写真を見ると、そこにはベニーによく似た子猫が5匹も写っていました。」

エレンさんは子猫達に会えることに興奮しましたが、自分の心の準備がまだできていないのではないかと心配していました。しかし、エレンさんがベニーそっくりの子猫達を抱えた瞬間、その出会いがちょうど良い時期だったことが分かったのです。

こうして子猫達と出会ったエレンさんは、子猫達の中のひとりに特別なものを感じました。「私が子猫の『アンブローズ』を抱えた瞬間、彼が私の猫だと分かりました。」

「子猫達は生後約4週ほどで、性格が完全には固まっていない時期です。アンブローズも他の子猫達と同じように、新しい環境や食事、トイレなどに慣れていく必要がありましたが、彼は他の子猫達とは明らかに違っていました。」

エレンさんがアンブローズを抱き締めると、アンブローズは一瞬でエレンさんの腕の中で溶けました。それはベニーの時と全く同じ反応だったのです。

エレンさんはベニーとアンブローズが本当によく似ていると感じました。アンブローズはエレンさんの家にピッタリとフィットし、アンブローズの行動の全てが心地よく、非常に親しみやすいものでした。

アンブローズはまるで赤ちゃんのように抱っこされて、エレンさんのポケットに入りながら一緒に移動することを楽しみました。アンブローズは毎回たくさんのミルクを飲んで、幸せそうに眠りに落ちていきました。

すっかりエレンさんのことが大好きになったアンブローズは、エレンさんと一緒にいることよりも幸せなことはありません。アンブローズはエレンさんの心にポッカリと空いた穴を、喉を鳴らしながら埋め続けているのです。

「私はこれから始まるアンブローズとの冒険を心から楽しみにしています。私は自分に必要なものを知っていました。そして彼はそれを私に与えてくれました」とエレンさんが嬉しそうに話してくれました。
出典:thecatlvtlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう