人生に、もふもふを。

長い間、誰にも引き取られなかった猫。保護施設にやって来た女性のことをじ〜っと見つめて、最高の幸せを手に入れる!

0

今から数年前、ローレン・トムソンさんが地元の保護施設へとやって来ました。ローレンさんはそこで何匹かの子猫と会いましたが、自分が求めていた繋がりを感じることはできませんでした。

さらに数匹の成猫に会った後、ローレンさんは一組の目が自分の方を見ていることに気づきました。「そこには目を細めた猫がいて、私のことをじっと見つめていました。そして私はその猫が、ずっと探していた猫だと感じました」とローレンさんが言いました。

『ピドルスティックス(愛称はビドルズ)』という名前の猫は、骨折した状態で保護施設に運ばれてきました。ビドルズは妊娠していて、全身がボロボロの状態でした。その後、アゴの手術を受けたビドルズは、健康な状態に戻り、愛らしい顔を見せてくれるようになりました。

幸いなことにビドルズの子供達はみんな元気に育ち、生涯の家へと旅立って行きました。そしてビドルズはいつか自分の夢が叶うことを強く望んで、保護施設で9ヶ月間、里親さんを待ち続けたのです。

そしてついにビドルズは運命の日を迎えました。ビドルズはローレンさんが自分に気づくことを期待して、ローレンさんの目をじっと見つめました。そしてふたりはすぐに強く結ばれたのです。

「ビドルズが家に来た最初の日は、慣れない環境にとても戸惑っていました。でもすぐに新しい環境を受け入れて、私達は一緒の時間を過ごすようになりました。」

「ビドルズは常にハグを望んでいる猫ではないため、私の膝に飛び乗った時は特別な気持ちになります。彼女はお腹のマッサージやアゴを撫でられるのが大好きです。」

ビドルズは約9歳ですが、今もまだ心は子猫のままです。ビドルズはローレンさんとの時間を楽しんだり、窓辺で外の景色を眺めたり、ポーチで日光浴をしながら小さな動物達を見ているそうです。

「ビドルズは歯が悪くなっていたため、ほとんどの歯を取り除きました。でも彼女はいつも幸せそうにしていて、普通の生活を送っています。彼女は私が知っている中で一番素直な猫です。」

ビドルズはとても優しい性格で、周りの人達全てにたくさんの喜びを与え、いつも小さなウィンク姿を見せてくれます。またビドルズは柔らかい毛布に手を置いて、幸せそうにフミフミしているそうです。

「ビドルズは大変な時期を経験をしてきましたが、今は自分がやりたいことをしています。彼女は好きな時に寄り添って、長い時間昼寝をして、いつも幸せそうに過ごしています。」

「ビドルズはとっても可愛い女の子です。私はもう彼女無しの人生を想像することができません」とローレンさんが話してくれました。

これからも素敵な出会いを果たしたビドルズとローレンさんは、一緒の時間を過ごしながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:thepiddlestickslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう