人生に、もふもふを。

車を10時間走らせて、妊娠中の猫を救い出した女性。出産の直前に保護された猫は、温かい家の中で幸せな子育てを始める!

0

『ハーモニー』という名前の猫がカナダのオンタリオ州にあるハリバートン村で、数人の地元の人達と仲良くなりました。その後、住人達はハーモニーが妊娠していることに気づき、ハーモニーを保護して安全な場所に連れて行くことに決めました。

その後、保護施設『ドーセット・レスキュー・キトゥンズ』のケイリー・シーモアさんは、住人達からハーモニーについての連絡を受けました。「彼らは数週間ハーモニーを捕まえようとしましたが、上手くいきませんでした。そこで私は彼女の保護に向かいました」とケイリーさんが言いました。

ケイリーさんはいつも親しくしている保護団体『ミンデン・キャット・エンジェルス』から捕獲器を借りて、ハーモニーのいる場所へと車で向かいました。「私が到着した時、ハーモニーの姿はどこにもありませんでした。私は住人達と一緒に辺りを探し回り、捕獲器を設置して食べ物を置きました。」

それから少しするとハーモニーが姿を現しましたが、捕獲器を見てすぐに逃げ出しました。その後、約30分ほど待ちましたが、ハーモニーが捕獲器に入ることはありませんでした。「そこで私は子猫が鳴いているビデオを再生して、捕獲器の中に置きました。すると15秒も経たないうちにハーモニーがやって来ました。」

ケイリーさんはそのままハーモニーを保護して、養育主さんの元へと運びました。ハーモニーを保護するまでには長い時間がかかりましたが、無事に保護できたことでケイリーさんの疲れは心地よいものに変わったそうです。「私はハーモニーを保護するために10時間以上も車を運転しましたが、彼女の愛らしい姿に全てのことが報われました。」

そして2日後、ケイリーさんは素晴らしい光景に遭遇しました。

ハーモニーは快適な養育主さんの家で、4匹の健康な子猫(3匹が女の子で1匹が男の子)を出産しました。幼い子猫達は全ての要求をお母さんが叶えてくれて、とても満足そうにしていました。そしてハーモニーは新しい生活の中で、ゆっくりと養育主さんのことを信頼していき、自分の殻から出てきました。

「もし私が数日後に現場に向かっていたら、ハーモニーは野外で出産し、厳しい環境の中で子育てをしていたことでしょう。彼女は生まれて初めて家の中で過ごしていますが、人間のことを信頼し、たくさん甘えてくるようになりました。」

最初の数週間、ハーモニーは子猫達に細心の注意を払い、大切な4匹の子猫達に全ての愛情を注ぎ続けました。ハーモニーは子猫達にたくさんのミルクを与え、しっかりと子育てを行い、子猫達に問題がないことを常に確認していました。

そんなハーモニーのおかげで子猫達はすくすくと成長していきました。そして子猫達が足の使い方を理解すると、好奇心の赴くままに探索を始めました。

『リーン』『ブルターニュ』『ハリー』『バンクシー』と名づけられた4匹の子猫達は、とてもヤンチャになり、部屋の至るところで愛らしいハプニングを引き起こすようになりました。

ハーモニーはそんな元気いっぱいの子猫達の近くにいて、子猫達に危険がないかを温かい眼差しで見守っているそうです。

「ハーモニーは素晴らしいお母さんで、子猫達に様々なことを教えています。また子猫達はいつもお母さんのことを追いかけて、みんなで一緒に眠っています」とケイリーさんが嬉しそうに話してくれました。

ハーモニーは初対面の人に会うとまだ少し恥ずかしがり屋になりますが、一度挨拶を交わすと、すぐに心を許して愛情を求め始めるそうです。

こうしてケイリーさんや養育主さんのおかげで、猫の家族は安全な家の中で新しい生活を始めることができました。あと数週間で子猫達は十分に成長し、新しい里親さんの元で暮らす準備が整うそうです(*´ω`*)
出典:dorsetrescuekittenslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう