人生に、もふもふを。

非常に野生的で攻撃的だった独りぼっちの子猫。保護先で出会った猫達の力を借りて、驚くほどの成長を遂げる!

0

ある日、独りぼっちになっていたところを保護された子猫が、地元の保護施設に運ばれてきました。子猫を受け取った施設のスタッフ達は、子猫に友達が必要なことにすぐに気づきました。

「保護された5週齢の子猫はひとりだったため、猫の友達が必要でした」と養育ボランティアのローレンさんが言いました。

ローレンさんの家には元保護猫の『コルベ』という名前の猫が暮らしていました。コルベはいつもローレンさんが連れてくる迷子の子猫達を温かく迎え入れてくれていました。

独りぼっちで保護された子猫は『ロイド』と名づけられました。ロイドは非常に野生的で、家猫になるためにやることがたくさんありました。「ロイドは他の猫や人間との接し方を知らず、力の加減も知りませんでした。」

ロイドは社会性を身につける必要があり、そのために他の猫や子猫達と一緒に過ごす必要がありました。そんなロイドにコルベは自ら近づいていき、一緒に遊びながら、噛みつくことを止めさせて、力の加減を教えてあげました。

「コルベは遊びを通して、ロイドにお互いの境界と適切な行動を教えました。そのおかげでロイドは随分と社会性を身につけることができました。」

ロイドは自然とコルベのマネをするようになり、コルベの後を追うようになりました。ロイドはコルベの行動を観察しながら、様々なことを吸収していったのです。

またローレンさんもタオルでロイドを包み込み、何度もロイドをなだめました。「それは幼い子猫の社会性を養い、気持ちを落ち着かせるために非常に効果的な方法です。」

ローレンさんのおかげでロイドはリラックスすることができ、人間に抱っこされることを楽しみ始めました。そんな中、ロイドと年齢の近い2匹の子猫『チェッカー』と『ストライプ』が、ローレンさんの家へとやって来ました。

「ふたりは別の養育主さんの元で育てられていましたが、ロイドのために私の家にやって来ました。野生的な子猫を変えるためには、同年代の子猫達と接することがとても重要です。」

チェッカーとストライプはローレンさんの家に着くとすぐにロイドのことを受け入れました。一方のロイドも新しい兄弟との出会いに興奮を抑えきれないようでした。

その日以降、ロイドはお気に入りのライオンのぬいぐるみに寄り添う代わりに、新しい兄弟に寄り添って、喉を鳴らしながら眠りにつくようになりました。

少し前まで独りぼっちだったロイドは、ローレンさんの元で室内生活を始め、コルベと出会い、チェッカーとストライプと兄弟になって、信じられないほどの成長を遂げることができたのです。

「ロイドの乱暴だった部分は消えて、力の加減を覚え、毎日を元気いっぱいに過ごしています。ロイドは本当にいつも幸せそうで、みんなと一緒に楽しい時間を過ごしています」とローレンさんが嬉しそうに話してくれました。

ロイドはこの1ヶ月で大きく開花し、その変化はみんなを驚かせました。

現在、3匹の子猫達はちょうど8週齢になりました。コルベは相変わらず子猫達のことを大切に育てていて、特にロイドの成長をとても誇りに思っています。

きっと子猫達はこれから出会う里親さんにもたくさんの愛情を注がれながら、いつまでも幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)

この猫の記事を友達にシェアしよう