人生に、もふもふを。

子猫の大きさのまま成長が止まった猫。命を救ってくれた優しい女性と一緒に、毎日を幸せいっぱいに生きる

0

子猫の『コア』は生後2日の時に、地元の動物病院に連れて来られました。コアは重い病気を患っていて、獣医さんの助けを必要としていました。

見つめる子猫出典:chibikitty_ (lovemeow)

手の平サイズのコアには、多くの健康問題がありました。コアは頻繁に発作を起こし、低血糖症を患っていました。

「コアは重い病気にかかっていて、彼女の飼い主さんはどうすることもできませんでした。そのため飼い主さんは彼女に適切な治療を受けさせようと、私達の動物病院に彼女を連れてきました」と獣医のアシュリーさんは言いました。

アシュリーさんは障がいのある動物達に、たくさんの愛情を持っています。そのため生き残れるか分からなかったコアを引き取り、献身的に看病を続けたのです。

コアはとても幼く、まだ見ることも聞くこともできませんでした。しかし、幸いなことにコアには大きな食欲と生きたいという強い意志がありました。

眠る子猫出典:chibikitty_

アシュリーさんはコアに出会った瞬間から、コアのことを一瞬も諦めませんでした。

アシュリーさんはコアの血糖値を管理して、適切なご飯を食べさせました。そのおかげでコアの発作は徐々におさまってきて、回復へと向かい始めたのです。

座る子猫出典:chibikitty_

しかし、コアはいくらご飯を食べても、大きく成長することはありませんでした。アシュリーさんはすぐにコアの異常に気づきました。

「コアは生まれながら遺伝子疾患があり、子猫症を患っていました。彼女の身体が成長しないのは、成長ホルモンの欠乏によるものだと私達は考えています。」

2匹の猫出典:chibikitty_

コアの身体は小さいですが、個性とエネルギーがそれを補っています。コアがアシュリーさんの家で暮らし始めると、さっそく先住犬の『キーリー』と仲良くなったそうです。

子猫と犬出典:chibikitty_

その後、アシュリーさんが別の子猫を連れてきた時、コアは興奮し、全身に活力が湧いて、さらに元気になりました。

「コアは遊ぶ友達ができたのが嬉しかったようで、さらにたくさんのご飯を食べるようになり、より強くなりました。」

見上げる子猫出典:chibikitty_

他の年下の子猫よりも小さなコアですが、すっかり家の中を占領していて、他の子猫にオモチャでの遊び方を教えているそうです。

「この時のコアは生後5ヶ月半で、もう1匹の子猫は生後1ヶ月でした。」

小さな子猫出典:chibikitty_

コアは症状の改善のために特別な食事のままですが、食べることが大好きで、いつも勢いよくご飯を食べているそうです。

「コアはご飯を残さずに食べて、他の子猫のご飯まで食べようとします。また、身体の小さなコアですが、誰の助けも借りずにベッドに飛び乗り、キャットツリーにも上手に登ります。」

見つめる子猫出典:chibikitty_

コアはほぼ1歳で、生後2ヶ月の子猫と同じくらいの体重になりました。

「コアは家での暮らしに満足していて、誰にでもキスをしてきます。彼女は抱きしめられるのが大好きで、いつも抱きしめられると幸せそうに喉を鳴らし始めます。また、私が何かに集中していると、いつも私の気を引いてきて、夜になると私と一緒にベッドで眠ります。」

コントローラーと子猫出典:chibikitty_

コアは現在1歳半で、体重は1.6kgほどです。コアはこれから先も小さなままですが、自分の身体の大きさに行動を制限されることはありません。

「コアはとっても元気いっぱいで、自分が他の猫と違っているとは全く思っていません」とアシュリーさんは話してくれました。

見つめる子猫出典:chibikitty_

こうしてコアはアシュリーさんのおかげで、新しい人生をスタートさせることができました。コアはこれからも大好きなアシュリーさんと一緒に、毎日の暮らしを楽しみながら、愛情いっぱいの生活を送っていくことでしょう。
出典:chibikitty_lovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう