人生に、もふもふを。

猫達に追われて家の敷地内に逃げ込んだ子猫。そこで優しい家族に保護されて、安全な家の中で幸せな毎日を送り始める

0

ある日、田園地帯に住む家族が、未舗装の私道で独りぼっちの子猫を見つけました。子猫は他の猫達に追われて、この場所まで逃げてきました。

子猫のことを心配した家族は地元の保護団体『スパークル・キャット・レスキュー』に助けを求めました。その後、保護団体から話を聞いた養育ボランティアのサラ・ケリーさんが、子猫を自宅へと連れて帰りました。

子猫はサラさんの腕の中に大きな幸せを感じたようで、出会ってすぐに喉をゴロゴロと鳴らし始めました。サラさんはとっても甘い子猫の姿を見て、『バレンタイン』という名前がピッタリだと感じました。

バレンタインは最初から室内生活に適していることが明らかでした。バレンタインが望んでいたのは、誰かに愛されることだけだったのです。

家の中で暮らし始めたバレンタインは、新しいものを見つけたり、フワフワの毛布の上に寝転がることに幸せを感じました。「バレンタインは初日から家の中での生活に完璧にフィットしていました。彼女はとても落ち着いていて、食べ物や柔らかい毛布のある部屋で暮らせることに、とても感謝しているようでした」とサラさんが言いました。

「バレンタインはたくさんの愛情を求めて、愛らしい声で話しかけてきます。彼女はみんなの注意を引くために鳴いて、お腹を撫でてもらうために寝転がるのが大好きです。」

「バレンタインは家中で私達の後を追いかけ、キャットツリーの上に登って日向ぼっこをするのも好きです。とっても甘えん坊な彼女は、ほんの少し触っただけでゴロゴロと喉を鳴らし始めます。」

安全な家の中で暮らし始めたバレンタインは、これからもずっと路上を彷徨い歩く必要はありません。バレンタインはたっぷりと甘やかされながら、いつまで室内生活を楽しんでいくことでしょう。

バレンタインは名前の通り、多くの喜びをサラさんや家族に届けて、たくさんの笑顔で家中を満たしています。バレンタインはいつもエネルギーに満ち溢れていて、遊び疲れると人形用のベッドや小さな枕、クッション、毛布を使って幸せそうに眠りにつくそうです。

バレンタインは完璧な微笑みを持っていて、出会った全ての人の心をとりこにする力があります。バレンタインはサラさんが部屋に入ってくるたびに駆け寄って、すぐにおねだりを始めます。その姿はとっても可愛くて、誰も「ノー」と言うことはできないのです。

現在、里子に出る準備を整えているバレンタインですが、既に生涯の家が決まっているそうです。「バレンタインは常に愛情に溢れていて、まさに名前の通りの子猫です。ありがたいことに彼女には新しい家族が決まっています」とサラさんが話してくれました。

バレンタインはあと数週間で新しい生活を始めますが、今はまだ里子に出るために必要なことが残っていて、サラさんの家で猫のスキルを磨いているそうです。

こうして独りぼっちだったバレンタインは、優しい人達のおかげで素敵な生活をスタートさせることができました。バレンタインはこれからもたくさんの愛情を吸収し、たくさんの愛情を返しながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:kellyfosterkittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう