人生に、もふもふを。

長い間、引き取り手が現れなかった耳のない老猫。ついに現れた優しい里親さんの心を救う

0

大学院に通うモリーさんは過去の交通事故の影響で、日常生活にいつも不安を抱え、時々ストレスでパニック発作を起こすことがありました。そこでモリーさんは少しでも不安を和らげるために、猫と一緒に暮らすことにしたのです。

モリーさんの実家は農家をやっていて、幼い頃からずっと猫と一緒に暮らしてきました。そのため猫は、モリーさんの生活の一部になっていたのです。

モリーさんはある日、保護猫の譲渡も行っているペット用品店に出かけました。そこで1匹の猫と出会ったのです。

猫の年齢は9歳半で耳がありませんでした。そのため長い間、引き取り手が現れなかったのです。

猫の過去について知りたくなったモリーさんは、猫の世話をしてきた保護施設に連絡を取りました。そして、猫の前の飼い主さんが耳にできた腫瘍を治療するためのお金を持っていなかったため、耳を失ってしまったことが分かったのです。その後、飼い主さんは猫を保護施設へと引き渡したそうです。

猫は耳がほとんど聞こえませんでしたが、モリーさんは気にしませんでした。モリーさんはこの猫に一目惚れしたのです。

モリーさんは猫に『オタイティス』と名づけました。

オタイティスは引き取った翌日に、自分の殻から出てきました。そして、モリーさんに力いっぱいすり寄ったのです。それはオタイティスの運命が変わった瞬間でした。

その日以降、オタイティスはモリーさんをいつも見つめるようになりました。

こんなところからも見つめてきます!

オタイティスは年齢を重ねていますが、とてもお茶目でエネルギーに満ちています。好奇心に満ちた姿は、まるで子猫のようです。また、オタイティスは耳の障害も全く気にしていないようです。自分のやり方でモリーさんの気持ちを感じることができるからです。

オタイティスは普通の猫のようにキーボードの上に座るのが好きで…

モリーさんが何をしているのかをいつも知りたがっているのです。

もちろんお腹のナデナデも要求してきます♪

こちらは毎朝の起床後の光景です。

@adventuresofotitisが投稿した動画

オタイティスはとてもモリーさん想いの優しい猫で、モリーさんがストレスでパニック発作を起こした時は、心配そうに抱きしめてくれるそうです。

そんなオタイティスについて、モリーさんはこう話します。「オタイティスは私を落ち着かせてくれる唯一の存在です。彼は今まで出会った中で最高の猫です。あの日、ペット用品店で私が彼を救ったのではなく、彼が私を救ってくれたのです。」

どうやらふたりの出会いは、偶然ではなく運命だったようです。深い絆で結ばれて、お互いになくてはならない存在になったふたり。これからもその関係は永遠に続いていくことでしょう。
出典:adventuresofotitislovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう