人生に、もふもふを。

路上から助け出された怖がりな子猫。優しく毛布で巻かれてハグされ続けると、閉ざしていた心に幸せな変化が訪れる

0

ある日、ラスベガスで救助活動を行なっているニッキ・マルティネスさんが、TNR活動(野良猫の不妊去勢手術を行い、元の場所に戻す活動)中に救助した、臆病な子猫を自宅に連れて帰りました。子猫は野良猫のコロニーで発見されて、一緒に見つかった兄弟達も人間のことを怖がっていました。

のちに『シュガー』と名づけられた子猫は兄弟の中でも一番警戒心が強く、ニッキさんが手を近づけようとすると、大きな声で警戒して何度も攻撃してきました。その後、シュガー以外の兄弟が室内生活に順応しても、シュガーだけは人間のことを警戒し続けたのです。

そんなシュガーを人間に慣れさせるために、ニッキさんは毎日多くの時間を使って、シュガーを抱きしめ続けました。

またニッキさんはシュガーを柔らかい毛布で包んで、背中を優しく撫でながら、気持ちを落ち着かせました。

最初の頃のシュガーはとても不安を感じていて、ニッキさんのことを警戒しながらジッと凝視していました。ニッキさんはそんなシュガーに人間が怖くないことを伝えるために、手から食べ物を食べさせ始めました。

「私はウェットフードとオヤツを使って、シュガーとコミュニケーションを取ることにしました。私は彼女に食べ物を通して、人間が怖い生き物ではないことを伝えようとしました」とニッキさんが言いました。

そんなニッキさんのおかげで、シュガーはゆっくりとですが確実に落ち着いていきました。そして保護から数週間のハグで、ついにシュガーは自分の殻を破り始めたのです。

「シュガーは何週間もの間テーブルの下に隠れて、私が部屋に入った途端に固まりました。でもついに彼女は私と一緒に遊び始めました。」

しかしシュガーはまだ驚きやすく、誰かが動いたり、物音がするとすぐに物陰に身を隠しました。

ニッキさんはシュガーに自信をつけさせるためにハグを続けて、シュガーが恐怖を乗り越えるために、たくさんの愛情を注ぎ続けました。

「次第にシュガーは私の手を怖がらなくなっていきました。そして最後には彼女の方から私のことを探すようになりました。」

シュガーは毎日少しずつ勇敢になって、ニッキさんとの時間を楽しむようになりました。

そしてそれから2週間後、シュガーはアゴを撫でさせてくれるようになり、ニッキさんの腕の中で鳴き始めたのです。その姿を見たニッキさんは、シュガーが新しい生活を始める準備が整ったことを理解しました。

その後すぐに新しい家族がシュガーの前に現れました。家族はまだシュガーに野生的な部分が残っていることを知っていましたが、心の中にたくさんの愛情があることも知っていました。

「シュガーは現在、素晴らしい両親の腕の中にいます。新しい両親はとても忍耐強くて愛情深く、まさに彼女にピッタリです。きっと彼女は新しい家でさらに殻を破り、完全に心を開花させることでしょう」とニッキさんが話してくれました。

シュガーはもう路上から保護された時のような臆病な子猫ではありません。シュガーは新しい家で2匹の先住猫に出会い、優しい家族にたくさん甘やかされながら、温かい時間を過ごしているのです(*´ω`*)
出典:myfosterkittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう