人生に、もふもふを。

大火傷から奇跡の回復を遂げた猫。そのまま動物病院に残り、弱った動物達にたくさんの愛情を注ぎ続ける姿に胸が熱くなる

0

住んでいた家の火事によって大火傷を負った猫の『ラッセル』は、生死の境から奇跡的な回復を遂げました。そして、全身の火傷が回復するにつれて、動物病院の動物達を優しく看護するようになったのです。

その日、ロースカロライナ州の動物救急病院にラッセルが搬送されてきました。ラッセルは住んでいた家の火事に巻き込まれ、4日後に瓦礫の中から重度の火傷を負った状態で発見されました。

運ばれてきたラッセルの状態はとてもひどく、その姿を見た病院のスタッフ全員が、ラッセルの命をつなぐことができるか分からないほどでした。

ラッセルは顔や身体だけでなく、口や舌、そして直腸まで大火傷を負っていて、脱水症状に陥っていました。さらに悪いことに4日間も何も口にしていなかったため、肝リピドーシス(脂質代謝異常により肝臓に過剰な脂肪が蓄積し、肝機能障害を起こす病気)も発症していたのです。

この火事でラッセルの飼い主さんは、ペットの犬も含め、非常に多くのものを失っていました。そのため何とかラッセルだけでも助けたいと思った病院のスタッフ達は、Facebookを使って医療費の寄付を募りました。そして、ラッセルのことを知った多くの人達から寄付が集まり、ラッセルは治療に励むことができたのです。

こうしてラッセルは家族や病院のスタッフ達、そしてラッセルの回復を願う多くの人達に支えられながら、徐々に本来の姿を取り戻していきました。

またラッセルは元気になっていくにつれて、病院内にいる弱った動物達を看護するようになりました。こちらは子鹿のダーラに寄り添うラッセルの姿です。

「ラッセルは不思議な魅力を持った猫です。彼は病院内の全ての動物達を元気にしたいと思っています。彼が動物達の痛みを感じているかは分かりませんが、動物達と通じ合える特別な力を持っているように思います」とスタッフのウェルフォードさんが言いました。

ラッセルは病院内を歩き回り、元気の無い動物を見つけるとすぐに寄り添い始めるそうです。

「ラッセルは治療中の動物達が安心できるように寄り添って、ストレスを取り除く手伝いをしています。ひとりで過ごすのが好きな猫もいますが、彼は他の動物達と一緒にいるのが好きで、動物達と友達になれることに喜びを感じています。」

ラッセルはどんな動物にも近づいていき、一緒の時間を過ごします。こちらは目を負傷したチワワのロスコーに寄り添うラッセルの姿です。

ラッセルの火傷はほとんど治りましたが、これからも生きていくためには十分なケアが必要です。そのためスタッフ達はラッセルに何かあった時にすぐに対処できるように、常にラッセルのことを見守っているそうです。

こうして火傷を負ったラッセルは動物病院で火傷を治してもらい、新しい人生を歩み始めることができました。ラッセルは命を救ってくれた人達全てに感謝していて、みんなからもらった愛情を弱っている動物達に返し続けているのです。
出典:AEHUClovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう