人生に、もふもふを。

何がなんでも先住猫と友達になると決めた子猫。有無を言わさぬ猛アプローチで、誰もが驚くほどの仲良しに!

0

ある日、アン・ミラーさんが家を必要としている1匹の子猫を路上から助け出しました。『ハミー』と名づけられた子猫はとても弱々しく、ミラーさんに抱っこされるまで、車の中でずっと鳴き続けていたそうです。

ハミーは温かい愛情を望んでいて、いつも誰かの気を引こうとしてきました。最初の数日間、ミラーさんにずっとハミーを抱きしめながら、先住猫の『ショートケーキ』と『スティンキー』がハミーの匂いに慣れるのを待ちました。

しかし、ハミーの方は先住猫達が慣れるまで待つことができませんでした。

ハミーはまだ先住猫達が自分を受け入れていないにもかかわらず、自ら先住猫達に近づいていきました。ハミーの周りにはたくさんのオモチャが用意されていましたが、ハミーが望んでいたのは猫の友達と遊ぶことだったのです。

特にハミーはショートケーキのことが気に入ったようで、家のいたるところでショートケーキの後を追い始めました。

「ハミーは友達になろうとし続けましたが、ショートケーキはまだその準備ができていないようでした」とミラーさんが言いました。

最初は友達になることを拒まれたハミーでしたが、決して諦めることはありませんでした。

ショートケーキが毛布の下に隠れた時も、ハミーはショートケーキが出てくるのをじっと待っていました。そしてショートケーキがソファーでくつろいでいる時も、ハミーはショートケーキを抱きしめようと腕に巻きつきました。

ハミーはその後も猛アプローチを続けました。そしてついにその瞬間がやって来たのです!

「ショートケーキは25日後にハミーのことを受け入れました。ショートケーキはたとえハミーにもみくちゃにされても、逃げたりすることはなくなりました。」

その日以降、ふたりの絆は急速に深まっていきました。

ショートケーキはハミーと一緒にオモチャで遊び、ご飯の食べ方を教えました。

また、この頃にはスティンキーもすっかりハミーのことを受け入れていて、一緒に過ごすようになっていました。ハミーは先住猫達と一緒にいる時間が一番幸せで、愛らしい姿をたくさん見せてくれているそうです。

ショートケーキはハミーにどんなにイタズラされても気にすることなく、まるでお姉さんのようにハミーのことを見守っています。

そんなショートケーキの元ですくすくと成長したハミーは、あっという間に大きくなりました。でも決してショートケーキとの関係が変わることはありません。

ハミーはいつもショートケーキのことを尊敬していて、ショートケーキはいつもハミーのことを誇りに思っているのです。

こうしてハミーは猛アプローチの末に、ショートケーキと深い絆を結びました。ふたりはこれからもお互いに愛情を注ぎ合いながら、いつまでも幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:shortcake_the_catlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう