人生に、もふもふを。

母猫と離ればなれになり、ゴミ圧縮機から助け出された子猫。たくさんの友達との出会いで、幸せな人生をスタートさせる!

0

ある日、1匹の幼い子猫がゴミ圧縮機から助け出されました。どうやら子猫は母猫と離ればなれになってしまったようで、見つかった時には非常に衰弱していました。

子猫はまだ離乳していなかったため、24時間のケアと人工哺乳が必要でした。そんな子猫の話を聞いた保護施設『ヒア・ノー・エビル・オーストラリア』の養育ボランティアのアンバーさんは、すぐに子猫を助けに向かいました。アンバーさんはこの時、別の場所で保護された母猫と4匹の子猫達を養育している最中でした。

アンバーさんの家で『メグ』と名づけられた子猫は、すぐに哺乳瓶からミルクを飲む方法を覚えました。メグはアンバーさんに世話をしてもらうのが大好きで、ミルクを飲む時はいつも耳を小刻みに動かしているそうです。

メグは保護された時には非常に衰弱していましたが、アンバーさんのおかげですぐに元気を取り戻すことができました。

その後、メグの足が十分に強くなると、メグはリビングを歩き回るようになりました。最初の頃のメグは途中で何度も転びましたが、そのたびにすぐに立ち上がって、確実に上手に歩く方法を身につけていきました。

成長と共に好奇心が増していったメグは、とても勇敢で冒険好きの子猫になりました。メグは先住犬に会うとすぐに興味を持ち、一緒に遊ぶために真っ直ぐに近づいていきました。

その後、メグは猫としての生き方を学ぶために、先に保護されていた4匹の子猫達と新しく保護された3匹の子猫達と一緒に生活を始めました。メグは最初から躊躇することなく新しい友達に近づいていって、早速みんなと挨拶を交わしたそうです。

さらにメグはみんなと一緒にベッドに入って、嬉しそうに喉をゴロゴロと鳴らし始めました。メグは他の子猫達にピッタリとフィットし、すぐにみんなと仲良くなったのです。

キジトラ模様のメグは、先に保護されていた子猫の『ルーベン』と『テルマ』ととてもよく似ています。「メグは毛が短く、ルーベンは白い靴下とフワフワの毛を持ち、テルマは濃いトラ柄模様をしています」とアンバーさんが言いました。

メグは現在約6〜7週齢で、日に日にヤンチャになっています。すっかりイタズラ好きになったメグは、いつも部屋の中で可愛いハプニングを引き起こしながら、他の子猫達と一緒に幸せな毎日を送っているそうです。

メグが里子に出られるようになるまでにはまだまだ多くの準備が必要ですが、毎日確実に成長を続け、きっとすぐに素敵な里親さんを見つけることでしょう。

こうして幼くして独りぼっちになったメグは保護先でたくさんの友達に出会い、幸せな時間を過ごすことができるようになりました。これからもメグは楽しい日々を過ごしながら、みんなと一緒にすくすくと成長していくことでしょう(*´ω`*)
出典:kitty_fostering_ozlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう