人生に、もふもふを。

庭のポーチで見つかった、グラグラ揺れる内気な子猫。人間の優しさに心を開き、ずっと望んでいた温かい家族を見つける

0

ラスベガスで動物の救助活動を行うニッキ・マルティネスさんが、夫と一緒にTNR活動(野良猫の不妊去勢手術を行い、元の場所に戻す活動)に取り組んでいると、庭のポーチに座る子猫の姿を発見しました。

子猫の身体はグラグラしていて、耳が曲がっていました。ニッキさん達はすぐに子猫を他の子猫達と一緒に地元の動物病院へと連れて行き、必要な治療を受けさせました。

子猫は新しい環境を怖がっていましたが、他の子猫達のように威嚇したりはしませんでした。またニッキさんが身体を撫でても、抵抗することはありませんでした。

「一度落ち着くと、子猫はとても甘い姿を見せてくれるようになりました。彼は恥ずかしがり屋でしたが、とても甘えん坊でした」とニッキさんが言いました。

ニッキさんはハグをするために、子猫をケージの中から出しました。すると子猫は腕に鼻を押しつけて、幸せそうにハグを受け入れたのです。

ニッキさんは子猫に『ディディ』と名づけました。小脳低形成症で生まれたディディには屋外での生活が難しく、いつも見守ってくれる家族と安心できる家が必要でした。

ディディの耳が曲がっていたのは、他の動物から受けた怪我が原因でした。「それはディディが外で暮らしていくのが難しいことを示していました。彼は移動が遅いため、天敵や車から逃げることができません。」

その後、ニッキさんの家で室内生活に順応したディディは、徐々に自分の殻から出てきて、部屋の中で遊び始めました。ディディは風雨をしのげる屋根のある生活を気に入っていて、美味しいご飯と楽しいオモチャに幸せを感じていました。

ディディの身体はグラグラと揺れますが、それがディディの行動を止めることはありません。ディディは他の子猫と同じように何でもすることができ、いつも遊びたいと思っていました。

ニッキさんの元で完全に人間との暮らしを受け入れたディディは、まるで自分がニッキさんの家を所有しているかのように、部屋中を元気いっぱいに動き回るようになりました。保護から2週間も経たないうちに、ディディは自信に満ち溢れて、好奇心と愛情がいっぱいの子猫へと生まれ変わったのです。

そしてそれから数週間後。ディディはついに、ずっと望んでいた生涯の家を見つけることができました。ある夫婦がディディの愛らしい姿に恋をして、家族に迎えることを決めたのです。

新しい家に引っ越したディディは、さっそく家の中を探索して、床の上で寝転がりました。そして、ここが自分の家だということを主張してきたのです。

ディディはすぐに先住猫とも仲良くなり、家族がやっていることの全てを知りたがるようになりました。

ディディは現在、たくさんのオモチャのコレクションを持っています。ディディは動くもの全てに興味があり、遊び疲れるとすぐに家族に寄り添いながら、幸せそうに喉をゴロゴロと鳴らし始めるそうです。

こうしてポーチで見つかったディディは、人間の愛情に触れて、ハグ好きの子猫へと成長しました。ディディは今の生活をとても気に入っていて、大好きな家族と一緒に暮らせることに心から幸せを感じているのです(*´ω`*)
出典:myfosterkittensdiddylifelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう