人生に、もふもふを。

病気を患い、誰かの助けを必要としていた保護子猫。優しい人達のおかげで、幸せに満ちたフワフワの子猫へと生まれ変わる

0

ある日、カナダのモントリオールで暮らす住人が、里親が必要な迷子の子猫についての投稿を見つけました。まだ幼い子猫はとても体調が悪く、誰かの助けを必要としていました。子猫を心配した住人は、すぐに地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に連絡をしました。

「子猫が体調を崩していたため、私達はすぐに助けに向かう必要がありました。私達は子猫に必要な治療を受けさせて、最悪の結果にならないように動き始めました」と保護施設のスタッフが言いました。

スタッフ達は養育ボランティアさんの力を借りて、子猫を安全な場所へと連れて行きました。子猫は病気で目の周りが荒れていましたが、生きたいという強い意志を持っていました。

子猫はとても痩せ細っていて、全身がノミに覆われていて、健康上の問題を抱えていました。しかし子猫はそんな状態にもかかわらず、獣医さんに治療してもらっている間中ずっと、満足そうに鳴き続けていたそうです。子猫はとても空腹だったため、ご飯が運ばれて来るとすぐに容器の中に飛び込んで、一気にご飯をお腹の中へと収めました。

「私達は子猫に『スペンサー』と名づけました。彼は最初の治療を受けた後、養育ボランティアのマリリンさんの家に向かいました。」

スペンサーはすぐに新しい環境に適応し、マリリンさんの愛情を求めるようになりました。スペンサーは喉をゴロゴロと鳴らしながら、快適さを求めてマリリンさんの隣で丸くなったそうです。

その後、スペンサーは窓辺で日光浴をしながら、窓の外を観察するのが好きになりました。

それから数日でスペンサーの目の腫れは随分と良くなり、全身の毛に艶が戻ってきました。スペンサーは毎回心ゆくまでご飯を食べることができて、お腹と心がいつも満たされていました。

体調の回復とともに好奇心が旺盛になったスペンサーは、様々なオモチャで遊ぶようになりました。また、マリリンさんから先住猫を紹介されたスペンサーは、すぐに先住猫に好意を示して、家の至るところで後を追うようになりました。

その日以降、スペンサーと先住猫は一緒にご飯を食べて、一緒に昼寝をするようになりました。

「スペンサーは甘くて優しくて、とってもフレンドリーです。彼は他の猫のことを愛していて、常に一緒に遊びたいと思っています。」

「またスペンサーは人間のことも大好きで、誰かの足音が聞こえてくると、一直線に向かっていきます。そしてたくさん遊んだ後は、人間にピッタリと寄り添いながら、満足そうにお話しを始めます。」

そして保護から2ヶ月後、スペンサーは新しい生活をスタートするための準備を整えました。「私達は現在、スペンサーを生涯大切にしてくれる、思いやりのある家族を探しています」とスタッフが話してくれました。

スペンサーの人生の始まりは大変なものでしたが、優しい人達のおかげで幸せな子猫へと生まれ変わることができました。スペンサーは家の中が大好きで、いつも洋服の入ったバスケットやフワフワのシーツに包まれながら、満足そうに過ごしているそうです。

きっとスペンサーの前にはすぐに素敵な家族が現れて、いつまでも幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう