人生に、もふもふを。

40度の猛暑の中、茂みの中から子猫達を保護したランナー。同じ場所へと何度も戻って、ついに母猫を助け出す!

0

ある日、トレイルランニングをしていたケイさんと友人でしたが、その日は非常に暑い日で、気温が40度まで上昇したため、ケイさん達は途中から歩いて移動していました。すると突然、茂みの中から子猫の声が聞こえてきたのです。

ケイさん達が声のする方へ近づいていくと、小さな子猫達が茂みの中から顔を出してきました。

子猫達はとてもフレンドリーで、ケイさん達に向かって歩いてきました。しかし、一緒にいた母猫は人間を非常に怖がっていたため、近くの茂みに隠れたまま出て来なくなってしまったのです。

これからしばらくの間、猛暑日が続くことを知っていたケイさん達は、猫の親子を保護する必要があると感じました。そこでケイさん達はFacebookでいくつかの保護団体に連絡を取ったのです。

「連絡をした保護団体の1つが、この近くに住むボランティアさんを紹介してくれました。私達はその人の家に捕獲器を借りに行き、親子のところへと戻ってきました」とケイさんが言いました。

子猫達は人間を怖がっていなかったため、保護するのはとても簡単でした。しかし、人間慣れしていない母猫を捕まえるのはとても大変なことでした。ケイさん達は捕獲器を設置すると、猛烈な暑さの中、母親が捕獲器に入るのをじっと待ったのです。

しかし、日が暮れる時間になっても母親を捕まえることができませんでした。ケイさん達は捕獲器をその場に残して、子猫達を自宅に連れて帰ることにしました。

ケイさん達は翌日も午前と午後に片道4kmを走り、捕獲器に母親が入っているかを確認しに行きました。そして、捕獲器を設置した2日後に、ようやく母猫を保護することに成功したのです!

保護した母猫は片目とシッポに怪我を負っていました。ケイさん達がすぐに母猫を動物病院へと連れて行くと、獣医さん達による緊急の手術が行われました。

その後、ケイさんは母猫を自宅に連れて帰り、『サリー』と名づけました。

サリーは人間を恐れていたため、家の中に入るとすぐにベッドの下に潜り込みました。ケイさんはサリーの近くに座って、しばらく一緒に過ごしました。そして、サリーが落ち着いてきた頃にゆっくりと手を伸ばし、身体を優しく撫でたのです。

「サリーはまだベッドの下にいることが多いですが、顔を出す時間が少しずつ長くなってきました。その時にサリーの身体を撫でると、幸せそうに喉を鳴らしてきます。」

サリーはまだ人間を完全に信頼していませんが、日に日に変わってきているそうです。

子猫達はサリーお母さんと再会し、たくさんの愛情を注がれています。ケイさんは時々、サリーのストレスを軽減するために、子猫達にミルクを飲ませてあげているそうです。

子猫達はみんなケイさんのことが大好きで、いつも愛らしい姿をたくさん見せてくれているそうです♪

こうしてケイさん達の優しさで、猫の親子は無事に猛暑の中から助け出されました。これからも親子は屋根のある安全な場所で、幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:CwmMakesPeoplelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう