人生に、もふもふを。

保護先の家族からたくさんの愛情を受け取った子猫。迷子の子猫達を優しく抱きしめ、家族からもらった愛情を注ぎ続ける

0

子猫の『フリト』は独りぼっちになっていたところを保護されて、地元の保護施設に連れて来られました。まだ生まれたばかりだったフリトには、つきっきりの看護が必要でした。そんなフリトの話を聞いた保護団体『ミニ・キャット・タウン』のスタッフ達は、すぐにフリトを養育することを申し出ました。

その後、幼い子猫のケアを専門に行なっているローラ・マローンさんが、自宅にフリトを連れて帰り、2時間おきにシリンジでミルクを飲ませ始めました。

その日からローラさんと家族全員が交代でフリトの世話を続け、フリトの成長を助けました。フリトは優しい家族にたくさんの愛情を注がれて、日に日に大きくなっていったのです。

それから数週間の間にフリトの目は開き、部屋の中の探索するようになりました。

「フリトは同じ年齢の子猫達よりも早く、たくさんの遊び時間を求めるようになりました。そのため私達は彼に年上の子猫達を紹介しました」とローラさんが言いました。

「年上の子猫達はみんな、とても優しくフリトを迎えてくれて、すぐに彼のことを受け入れてくれました。」

フリトはどこにいても年上の子猫達を追いかけて、みんなのマネをしながら遊んでいたそうです。

その後、十分な大きさになったフリトは保育器を卒業し、自分と同じくらいの年齢の保護子猫達と出会いました。するとフリトはすぐにみんなに寄り添って、友達になろうとし始めたのです。

家族がフリトをかまってあげられない時は、フリトはいつも友達の隣で丸くなったり、寄りかかったりしながら、楽しい時間を過ごしているそうです。

フリトはみんなと一緒にいるのが大好きで、いつもダンボール箱やベッドを共有しています。

またフリトは優しい家族に寄り添うことも大好きで、家族の膝の上が空いていると、すぐに飛び乗ってきて幸せそうに眠り始めるそうです。

さらにフリトは保護子猫達が家にやって来ると、いつも温かく迎え入れて、孤独を感じないように寄り添い始めます。どうやらフリトは自分が家族にしてもらったことを、困っている子猫達に返しているようです。

こうして独りぼっちだったフリトは、愛情深い家族のおかげで新しい人生をスタートさせることができました。きっとフリトはこれからも、困っている子猫達を優しく抱きしめながら、みんなの心を温め続けていくことでしょう(*´ω`*)
出典:fosterkittyfamilylovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう