人生に、もふもふを。

後ろ足が麻痺しているにもかかわらず、元気に生きる子猫。保護先で出会った猫に温かい愛情を感じ、毎日が幸せいっぱいに

0

ある日、『ペリー』という名前の子猫がバラの茂みの中で発見されて、地元の保護施設『フロント・ストリート・アニマル・シェルター』へと運ばれてきました。

ペリーは後ろ足が麻痺して動かなくなっていたにもかかわらず、安全な場所に来られたことに感謝していて、ケージの中をウロウロしながらスタッフや訪問者達の注意を引こうとしてきました。

保護施設で養育ボランティアをしているハーレー・ウォーさんは、ペリーに出会うとすぐに心が動かされました。「ペリーはケージの前の方に座りながら、私や他の猫達を覗き見したり、鳴いたりしていました」とハーレーさんが言いました。

その後、ハーレーさんがペリーを自宅に連れて帰ると、ペリーがとっても抱っこ好きの子猫だと分かりました。ペリーは家に着くとすぐにハーレーさんに駆け寄って、膝の上で昼寝を始めたそうです。

ペリーは後ろ足を動かすことができませんが、前足を上手に使って家の中を歩き回ることができます。ペリーは人間や他の動物達のことが好きで、いつも誰かのそばにいたいと主張してきました。ペリーはとってもお話し好きで、何かお願い事がある時はためらうことなく話しかけてくるそうです。

そんなペリーのあらゆる要求に応えるために、ハーレーさんはしばらくの間、ペリーをポケットに入れて一緒に行動しました。「ペリーはいつも私のそばにいたいと思っています。私は今までこんなに甘えん坊な子猫に出会ったことがありませんでした。」

ペリーがどれだけ仲間を必要としているかを知ったハーレーさんは、飼い猫の『トルテリーニ』を紹介しました。するとペリーはすぐにトルテリーニに夢中になりました。「ふたりはすぐに結ばれました。ペリーはトルテリーニが走るたびに後を追いかけて、いつも一緒にご飯を食べて、一緒に遊んで、同じベッドで眠りました。」

トルテリーニも元々は保護された猫で、頭が傾いた状態で保護施設にやって来ました。「トルテリーニは螺旋階段から落ちてしまったようで首に怪我を負っていました。そのため彼女が上や下を向く時は、まだ少し頭が傾いています。」

トルテリーニはペリーが何を必要としているかを正確に知っているようで、ペリーが甘えたい時はいつまでもそばにいて、優しく毛づくろいをしているそうです。

ハーレーさんの家には他にもたくさんの保護子猫が養育されていますが、トルテリーニが一番長く一緒にいるのはやっぱりペリーです。「トルテリーニは全ての子猫達に優しく接していますが、特にペリーのことが大好きです。」

ペリーは前足だけでベッドに登ることを学び、階段もひとりで登り降りできるようになりました。ペリーはトルテリーニから様々なことを学び、たくさんの愛情を注がれて、自分の人生に花を咲かせることができたのです。

その後、ハーレーさんの元ですくすくと成長したペリーは、ついに自分の夢を実現させました。ペリーは障がいのある3匹の猫を飼っている元獣医さんの家に引き取られることが決まったのです。

「ペリーはこれから新しい家へと旅立って行きますが、今も変わらず転がったり、遊んだり、登ったりしながら楽しそうに過ごしています。そして私が部屋に入ると、可愛い声で鳴きながら真っ直ぐに向かってきます。」

「私はペリーを送り出すまで、少しでも多くの時間を一緒に過ごそうとしています。そして昨晩、彼は私に寄り添うためにベッドの上へと登ってきました。私にはそれが『ありがとう』を伝えに来てくれたように感じました。」

「ペリーがいなくなるのはとても寂しいことですが、彼が生涯の家で暮らせることを楽しみにしています。私は彼の物語りに関われたことをとても嬉しく思っていて、彼と出会えたことに心から感謝しています」とハーレーさんは話してくれました。

こうして後ろ足が麻痺した状態で保護されたペリーは、ハーレーさんやトルテリーニのおかげで新しい人生を歩み始めることができました。きっとペリーが新しい家に旅立っても、ハーレーさんやトルテリーニから受け取った愛情は心の何処かに残り続けることでしょう。
出典:fosterpetsofsaclovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう