人生に、もふもふを。

テディベアのような愛らしい姿の保護子猫。とっても内気だった子猫は家族のおかげで心を開き、毎日が幸せいっぱいに!

0

ある日、先住猫の『ラルフ』の友達を探していたヤコブ・ヴェトルントさんと妻が、子猫の『モール』に出会いました。モールはテディベアのような愛らしい子猫でした。

「私達が初めてモールに会った時、彼はとても内気な子猫でした」とヤコブさんが言いました。モールは家に向かう車の中でも、ずっと鳴き続けていたそうです。

最初の頃のモールはとても臆病で何にでも驚いていましたが、新しい環境に慣れてくると徐々に好奇心が戻ってきました。そして、モールは部屋の隅々まで探索するようになり、常に夫婦のそばにいるようになったのです。

「モールは私達と一緒にいることが安全だと感じたようです。そのため私達が部屋を出るたびに鳴き始め、再び部屋に戻ると一瞬で鳴き止みました。」

モールは夫婦と一緒の時間を過ごすことで、さらに自分の殻から出てきました。そして先住猫のラルフと出会った瞬間、完全に心を開きました。

「それは一目惚れでした。モールはラルフを威嚇したり、怯えたりすることはありませんでした。モールはラルフとの出会いで、さらに心を許しました。」

「その日以来、モールはラルフにベッタリとくっつくようになりました。彼はラルフの後を追って、幸せそうに寄り添っています。ラルフはどちらかというとひとりでいるのが好きな猫でしたが、モールの猛アタックには勝てませんでした。」

ラルフのおかげで完全に心を開いたモールは、夫婦の後も追うようになりました。

「モールは私達が座ったり、ベッドで横になったりすると、私達の足にピッタリとくっついてきます。また、いつも部屋の入り口で待ち構えていて、私達の足を止めるのが好きです。」

そんなモールのお気に入りの娯楽は、みんなに甘やかされることです。「モールはいつも私達の注意を引くのが好きで、身体を撫でてもらうのが大好きです。そして無事に願いが叶うとゴロゴロと喉を鳴らしながら眠りにつきます。」

その後もすくすくと成長を続けたモールは、フワフワの猫になりました。モールは完全に家の中のボスになっていて、家の中で起こっている全てのことを監視しているそうです。

「特に私達が家を改修している時、モールの好奇心は膨れ上がります。彼はいつも私達が予想もしていなかった場所に現れて、私達の様子をチェックしたり、足にすり寄ったりしてきます。」

すっかり甘えん坊になったモールは、チャンスがあればいつでもハグを要求してきます。その愛らしい姿に夫婦は「ノー」と言うことができなくて、全ての要求を叶えてあげるそうです。

現在、モールは完全に大人の猫へと成長しました。モールは優しい夫婦やラルフのことが大好きで、いつも幸せいっぱいに寄り添っているのです。

これからもモールは毎日の暮らしに最高の幸せを感じながら、たくさんのハグを要求し続けることでしょう(*´ω`*)
出典:mollethechocolatelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう