人生に、もふもふを。

家族と共に障がいを乗り越え、大きく成長した保護子猫。大好きな家族に見守られながら、愛情いっぱいの毎日を送り続ける

0

ある日、保護施設『キットカット・プレイルーム』のジェン・マックさんが、保健所に運び込まれた子猫についての話を聞きました。ジェンさんは子猫を救い出すため、急いで保健所へと向かいました。

『テート』と名づけられた子猫は、足の指が多い多指症の子猫でした。テートは年齢よりも随分と小さな身体をしていましたが、生きたいという強い意志を持っていました。テートはすぐに哺乳瓶を掴み、勢いよくミルクを飲み始めたそうです。

数日後、ジェンさんはテートの頭に柔らかい場所があることに気づきました。そこですぐに動物病院に向かうと、テートが水頭症で、脳室内に液体が溜まっていることが確認されました。

獣医さん達はテートの状態を細部まで調べて、手術をするための準備を始めました。そしてテートが9週齢を迎えた時、脳室内から余分な液体を取り除くための手術が行われました。

「テートは手術の直後から元気に動き回って、たくさんのご飯を食べました」とジェンさんが言いました。

その後、テートの状態が回復してくると、ジェンさんはテートがとても人間好きなことに気づきました。テートはジェンさんに対して非常に愛情深く、常に注目されたいと思っていました。

「私の朝はいつもテートの『ニャー!』という声で始まります。そして私の一日はテートと寄り添いながら終わります。」

それから数ヶ月間、テートの状態は何度も不安定になりましたが、テートはそのたびに強い意志で何とか立ち直ることができました。さらにテートは適切な薬とたくさんの抱擁で、徐々に良い方向へと向かっていったのです。

そしてテートは自然とジェンさんの心をとりこにし、永遠にジェンさんの家で暮らすことになりました。

テートは常に好奇心が旺盛で行動的で、ジェンさんの家を自分の所有物であるかのように遊び回ったり、跳び回ったりしています。テートは今の暮らしに大きな幸せを感じていて、自分の人生をとても愛しているのです。

テートはいつもジェンさんの姿を見つけると、一直線に腕の中へと飛び込んでいくそうです。

テートはジェンさんがしていることの全てに関わりたいと思っていて、ジェンさんがどこに行っても後をついてきます。

そんな甘えん坊のテートはある日、ジェンさんがパソコンに向かっている最中に注意を引く方法を見つけ出しました。テートは毎回ジェンさんの肩の上に飛び乗って、強く抱っこを要求し始めます。そして抱っこが足りない時は、ジェンさんがソファーや椅子から立ち上がることを決して許さないそうです。

テートは優しいジェンさんに見守られながら、この家で約2年間を過ごしました。テートはこれまでに何度も危険な状態に陥りましたが、絶対に諦めることなく、全ての障害を乗り越えてきたのです。

今のテートはまるで王女様のように家の中を支配していて、ジェンさんの行動をいつもチェックしています。そしてジェンさんが連れて来る保護子猫達を見守りながら、愛情いっぱいの毎日を送っているそうです。
出典:tater_gonna_tatelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう