人生に、もふもふを。

頭が傾いた状態で保護された子猫。自らの努力でできることを増やし続け、ひとりで何でもできることをみんなに伝える

0

今週の初め、4週齢の迷子の子猫が保護されて、地元の保護施設へと連れて来られました。子猫は障がいを抱えていて、保護された時から頭が傾いていました。

施設のスタッフ達は子猫が特別な世話を必要としていたため、障がいのある猫を専門にしている保護施設『セービング・グレイス・レスキュー』へと連れて行きました。

手の平ほどの小さな子猫は、新しい環境に混乱してずっと鳴き続けていました。そんな子猫にスタッフの一人が手を伸ばすと、子猫はすぐに指を掴んで抱きしめました。

スタッフ達が子猫を柔らかいタオルで包むと、子猫はすぐにリラックスし始めました。さらに子猫の頭を優しく撫でてあげると、1分も経たないうちに眠りに落ちていったそうです。

子猫はスタッフの腕の中で可愛い寝息を立てながら、安心して眠り続けました。スタッフ達は幸せそうに眠る子猫に『ギャビー』と名づけました。

その後、目を覚ましたギャビーは早速スタッフ達に甘え始め、すぐにハグ好きの子猫へと生まれ変わりました。

ギャビーの頭が傾いている原因は分かりませんが、現在のギャビーはとても元気に過ごしています。ギャビーは自分でバランスを取りながら、上手に歩く方法を学んでいるそうです。

その後、ギャビーが養育主さんの家に移ると、さっそく家中の探索を始めました。ギャビーは障がいを抱えていますが、それがギャビーの行動を遅くすることはありません。勇敢なギャビーは好奇心の赴くままに歩き回り、大きな声で養育主さんに話しかけているそうです。

ギャビーは日々進歩を遂げていて、自分が何でもできることをみんなに伝えているのです。

「ギャビーは間違いなくお話し好きの子猫です。彼女はとても社交的な性格で、誰とでもフレンドリーに接します」と保護施設のアンバーさんが言いました。

ギャビーは同じ年齢の子猫達と一緒で、常に好奇心に溢れていてイタズラするのが大好きです。そして遊び疲れると必ず養育主さんのところに戻ってきて、愛情いっぱいのハグを楽しみ始めるそうです。

ギャビーは何にも負けない強い意志でみんなの気持ちをとりこにしながら、着実に進歩を続けています。ギャビーは保護された時と比べると、明らかに上手に歩くことができるようになったそうです。

「ギャビーはきっと自分の身体を完全に管理する方法を身につけることでしょう。もし彼女が生涯に渡って特別な家を必要とする場合は、私達が彼女にピッタリの家を提供していこうと考えています。」

ギャビーは優しい養育主さんに見守られながら、今日も元気に成長を続けています。ギャビーはオモチャで遊び始め、いつも楽しそうに身の回りのものに飛びついているそうです。

こうして障がいのあるギャビーは、安全な家の中を冒険しながら、毎日様々なことを学び続けています。ギャビーはこれからも人間の温かいハグに愛情を感じながら、幸せな時間を過ごしていくことでしょう。
出典:specialfeatureskittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう