人生に、もふもふを。

生まれたばかりの子猫達のために、安全な場所を探していた母猫。手を差し伸べてくれた女性のおかげで幸せな毎日が始まる

0

今から数週間前、野良猫と6匹の子猫がサウスロサンゼルスで見つかりました。子猫達は生後2日ほどで、安全な場所を必要としていました。

地元の保護団体『レン・レスキューズ』で養育ボランティアをしているジェン・マーダーさんは、猫の親子を引き取ると、自宅で養育を始めました。

『クレオ』と名づけられた母猫は、最初から人間とのハグが大好きな猫でした。「私がキャリーを開けた途端、クレオは頭を擦りつけて、愛情を求めてきました。彼女はとてもおしゃべりで、常に誰かに注目されたいと思っています。彼女は私の腕の中に収まって、嬉しそうに丸くなりました」とジェンさんが言いました。

ジェンさんは親子のために快適なベッドを用意しました。するとクレオはすぐにその場所に安心したようで、ベッドを幸せそうにこね始めたそうです。

クレオはジェンさんが部屋に入ってくるたびに挨拶に来て、愛情を求めるようになりました。「クレオは膝の上が大好きで、いつも撫でて欲しそうにおねだりをしてきます。」

ジェンさんが子猫達の健康状態をチェックしている間も、クレオはジェンさんに身体を擦りつけて、かまって欲しそうにしてきました。そんな人間好きのクレオですが、子猫達にもたくさんの愛情を注ぐ素晴らしいお母さんでした。

クレオは子猫の鳴き声を聞くとすぐに駆け寄って、優しく寄り添います。

「クレオはまだ若いお母さんですが、6匹の子猫達を立派に育てています。彼女は常に全ての子猫に気を配っていて、毎日しっかりと子育てを続けています。」

クレオは子猫達に優しくささやいて、人間に大きな声で話しかけるのが好きです。またクレオは自分が誰かに呼ばれると、すぐに愛らしい声で返事をするそうです。

その後、子猫達が離乳し、色々な場所で遊び始めると、クレオは一歩引いた場所から子猫達を見守るようになりました。そして一日の多くの時間をジェンさんや家族と一緒に過ごすようになったのです。

少し前までは路上で子猫達を必死に守っていたクレオですが、現在は新しい人生に向かって歩み始めました。今のクレオが望んでいるのは、温かい人間の膝と愛情いっぱいのハグなのです。

「クレオは本当に甘い猫です。これから彼女を迎える家族の元には、最高に幸せな日々が待っていることでしょう」とジェンさんは嬉しそうに話してくれました。

こうして子猫達のために安全な場所を探していたクレオは、ジェンさんのおかげで子育てに全ての力を注ぐことができました。きっとクレオはこれから出会う家族の元にも、たくさんの幸せを運び続けることでしょう(*´ω`*)
出典:jenfosterskittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう