人生に、もふもふを。

子猫を迎えることに決めた家族。その子猫に常に寄り添う母猫を残していくことができなくて、親子を一緒に家族に迎える

0

今から数ヶ月前、野良の母猫と唯一の子猫がロザンゼルスにある保護施設に連れて来られました。施設で養育ボランティアをしているジャンさんは、子猫が十分に成長するまでの間、自宅で猫の親子を預かることに決めました。

『スパロー』と名づけられた4週齢の子猫は、常にそばにいてくれるお母さんのことが大好きで、決してそばから離れようとはしませんでした。

「『ロビン』と名づけられた母猫はとても子煩悩なお母さんで、人間のことを全く恐れていませんでした。もしかするとロビンは以前どこかで人間に世話をされていたのかもしれません」とジャンさんは言いました。

ジャンさんの家でさっそく新しい部屋の探索を始めたふたりでしたが、お互いのそばを離れることはありませんでした。ふたりは明らかに特別な絆を共有していて、ロビンはいつもスパローに話し掛け、常にスパローの状態を確認していました。

「ロビンがまだ授乳していた頃、いつもスパローに向かって『さぁ、ミルクの時間よ。こっちにいらっしゃい』と話し掛けていました。」

その後、スパローはお母さんをマネしながら離乳食を食べ始めましたが、しばらくの間はお母さんのミルクをおねだりし続けていたそうです。

ロビンはそんなスパローにオモチャで遊ぶ方法を教え、部屋のあちこちで一緒にイタズラをしました。そしてロビンが休憩のために横になると、いつもスパローが元気いっぱいにハグ攻撃を始めるそうです。

しかし、ロビンはどんなにもみくちゃにされても気にする様子はありませんでした。そんな優しいロビンが昼寝の時間を迎えると、いつもスパローのこと抱きしめて、たっぷりと毛づくろいをしてあげるそうです。

その後、ある家族がスパローについての投稿を発見し、スパローに一目惚れしました。家族はすぐにスパローを家族に迎えることを申し出て、ロビンお母さんの存在を知りました。親子の強い絆を知った家族には、ふたりを離ればなれにすることはできませんでした。

そしてジャンさんの家で数週間を過ごしたふたりは、ついに最高の夢を実現させました。ふたりは昨日、生涯の家に迎えられ、新しい生活を送り始めることができたのです。

「私達はロビンとスパローが素敵な家族に出会えたことに大きな喜びを感じています。ふたりが一緒なら、どんな家にでもすぐに馴染むことができるでしょう。」

スパローはまるでロビンをそのまま小さくしたような子猫で、いつもお母さんの後をついて回り、全てのことをコピーしているそうです。

「私は新しい家で幸せそうに過ごすふたりの姿に心から幸せを感じています」とジャンさんは嬉しそうに話してくれました。

生涯の家で一緒に暮らし始めたスパローとロビンは、これから先もずっと離れることはないのです。

幸せいっぱいのふたりの姿に自然と心が温まりますね(*´ω`*)
出典:kittygarden626lovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう