人生に、もふもふを。

身体が小さかったため母親に見放されてしまった子猫。生きようとする強い意志と献身的な家族のおかげで再び成長を始める

0

2週間前、ベス・ウォールデンさんと彼女の家族が、救助を必要としている小さな子猫についての連絡を受けました。3週齢の子猫は新生児と同じ大きさで、残念ながら母猫に育児を放棄されてしまったそうです。

「子猫は本当に小さく、私達はとても驚きました。でも彼はこの状態で、3週間もの間なんとか命をつないできました」とベスさんが言いました。

子猫は目の感染症のため、物を見ることができませんでした。ベスさんは子猫の両目が見えるようになるか心配でしたが、決して諦めずに治療を続けました。

そして数日後、『ギネス』と名づけられた子猫はシリンジからご飯を食べる方法を学び、体重を増やし始めました。ベスさんはその姿を見て、ギネスが自分の人生を諦めていないことを強く感じました。

ベスさんは眠れない夜を何日も過ごし、24時間体制でギネスにご飯を食べさせ続けました。そのおかげでギネスは食欲を回復させ、これまでの3倍の量のご飯を食べられるようになったのです。

「ギネスは食事の後に毎回膝の上で丸くなって、すぐに眠りにつきます。彼はいつも気持ち良さそうに横になりながら、幸せそうに喉をゴロゴロと鳴らしています。」

時間の経過と共にギネスの目は回復していきました。そしてついにギネスが目を大きく開くと、その瞳がどのくらい美しいかが明らかになりました。

ギネスはその後も確実に前進を続けました。「ギネスは家に来た日から本当に強い子でした。」

ギネスの全身にはエネルギーが満ち溢れ、上手に足を使って歩いたり、探索することができるようになりました。ギネスは動くもの全てに興味津々で、いつも家族のハグを全身で楽しんでいるそうです。

ギネスはこれまでずっと辛い時期を歩んできました。しかし、今のギネスは体重を2倍に増やし、毎日成長を続けているのです。

「明日でギネスが家に来てから2週間が経ちます。彼はいつも元気いっぱいで、日に日に大きく成長しています。」

まだまだ身体の小さなギネスですが、いつも素晴らしい食欲を披露し、プックリとしたお腹を見せてくれています。現在5週齢になったギネスは、体重を249gまで増やしたそうです。

すっかり人間好きになったギネスは家族に寄り添うことが大好きで、いつも家族にくっつきながら幸せそうな姿を見せてくれているそうです。

これからもギネスは優しい家族の元ですくすくと成長し、たくさんの幸せを感じながら、元気いっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:the_kitten_guinnesslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう