人生に、もふもふを。

空腹に耐えながら、家の外で助けを求めて鳴いていた子猫。家の中に入れてあげると、一瞬で幸せいっぱいの変化が (*´ェ`*)

0

ある日のこと、アンドリューさんと妻のケイトさんが家の中で過ごしていると、助けを求める子猫の声が聞こえてきました。心配した夫婦が外に出ると、茂みの中に痩せ細った子猫の姿を発見しました。

夫婦はすぐに子猫を保護し、美味しいご飯を食べさせ、温かい寝床を用意しました。

実はケイトさんは3日前にも家の外で子猫の声を聞いていました。しかし、その時は残念ながら子猫を見つけることができなかったそうです。それから3日間、子猫はずっとご飯を食べられずにいたのです。

暖かい家の中でお腹を満たした子猫は、すぐに新しい環境に慣れ、幸せそうに眠りについたそうです。

翌朝、獣医さんのところへ子猫を連れて行くと、子猫の年齢が4〜6週齢だと分かりました。さらにマイクロチップがないかを調べてもらいましたが、見つからなかったそうです。

子猫が野良猫だと分かった夫婦は、子猫を正式に家族に迎えることにしました。

こうして新しい生活を始めた子猫ですが、普通の猫とは少し違う特徴を持っていました。それは多指症のため指が1本多く、前足がとても大きかったことです。そのため子猫は自分の前足を枕代わりにして眠ることが多かったそうです。

まるで人間の手のような子猫の前足を、夫婦はとても気に入っているそうです。

元々この家には先住犬が住んでいたのですが、子猫ととても気が合ったようで、今ではすっかり兄弟のような関係になりました。

新しい暮らしの中ですっかり元気を取り戻した子猫は、ご飯をいっぱい食べてすくすくと成長しています。子猫はいつも溢れる好奇心を満たすために、家中を元気いっぱいに走り回っているそうです。

また、飼い主さんがテレビを見ていると、いつも子猫が膝や足の上に乗ってきて…

幸せそうに眠り始めるそうです♪

こうして何日間も空腹に耐え続けた子猫は、暖かい家の中に迎えられ、ご飯をお腹いっぱいに食べられるようになりました。これからも子猫は優しい夫婦や先住犬に甘えながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう♪
出典:andrewtbarberlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう