人生に、もふもふを。

フラフラの状態で通りかかった女性に助けを求めてきた猫。差し伸べられた手に愛情を感じ、幸せな人生を歩み始める

0

ある朝のこと、ニューヨークにある保護施設『MCRR』でボランティアをしているナンシーさんが、路上で全身が汚れた猫に出会いました。猫は足をフラフラさせながらナンシーさんの方に歩いてきて、助けを求めて鳴いてきたのです。

ナンシーさんは普段から猫缶を持っていたため、すぐに猫の前に置いてあげました。猫はとてもお腹が空いていたようで、ものすごい勢いで食べ始めたそうです。

ナンシーさんはその日、仕事が午前中だけだったため、仕事が終わるとすぐに猫のいた場所へと戻りました。すると今朝と同じ場所で道路に横たわっている猫を発見したのです。

猫のことが心配だったナンシーさんは、獣医さんに診てもらうことにしました。「猫はとても衰弱していたため、キャリーケースに入れる時も全く騒ぎませんでした」とナンシーさんは言いました。

病院に着いた猫は、治療のために二晩ほど入院することになりました。猫に『アッティラ』と名づけたナンシーさんは、しばらく病院に留まってアッティラの様子を見守っていました。

アッティラはとても飢えていたため、大量のご飯を食べて獣医さんを驚かせたそうです。

動物病院で一晩過ごしたアッティラは、少し元気を取り戻していました。そのため翌日には全身のもつれた毛を刈ることができました。全身がすっきりしたアッティラは、明らかに気分が良くなっていました。

そして救助の2日後。アッティラはさらに元気になって戻ってきたのです!

その後、養育主さんの家に預けられたアッティラは、ずっと欲しがっていた家族の愛情を見つけました。

「アッティラは養育ボランティアのクリスさんの家で育てられることになりました。彼は誰にでも親しく接し、他の猫達ともすぐに打ち解けました。」

病院から出たアッティラですが、まだ非常に痩せ細っていて体力がありません。「アッティラはとても長い足と長い胴体を持っているため、健康な状態に戻ったら、かなり大きな猫になることでしょう。でも今の彼はとても痩せ細っていて、体にはほとんど力がありません。」

まだまだ療養の必要なアッティラですが、徐々に好奇心が戻ってきていて、家の中の探索も始めました。しかし、足を上手く動かすことができなくて、いつもフラフラと円を描くように歩いているそうです。それでもアッティラは新しい生活を愛していて、身の回りの全てを知りたがっているのです。

アッティラが初めてクリスさんの家に来た時、1時間ほどで新しい環境に慣れて、腕の中で眠りに落ちました。どうやら路上を彷徨い歩いていたアッティラは、安全な家の中に安らぎを感じたようです。

「私達はクリスさんの家でアッティラを迎えた先住猫達の姿にも心を打たれました。猫達はすぐに新しく来たアッティラを温かく迎え入れ、愛情いっぱいに抱きしめ始めました。猫達はアッティラの体調がとても悪く、助けを必要としていることが分かっていたようです。」

一方のアッティラも先住猫達に優しく接します。アッティラが家に来てから2日しか経っていませんが、アッティラと先住猫達は既にたくさんの優しさを交換し合っているそうです。

アッティラは今、たくさんの愛情と食べ物に囲まれて、毎日の暮らしに大きな幸せを感じています。そんな幸せいっぱいのアッティラは、クリスさんや先住猫達にもたくさんの幸せを届けているのです(*´ω`*)
出典:magnificatrescuelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう