人生に、もふもふを。

オーストラリアの壊滅的な森林火災で行方不明になった猫。再び家族と再会し、全身で愛情を感じる姿に胸が熱くなる

0

オーストラリアの森林火災は現在も猛威を振るっていて、終わりの見えない日々が続いています。この火災はオーストラリアが今までに経験したことのないほどの規模で、人間だけでなく動物達にも大きな影響を与えています。そんな悲劇的な状況の中で、みんなに希望を与える1つの奇跡が起きました。

ニューサウスウェールズ州で暮らすベン・シモンズさんと家族は、自分達が住む地域を森林火災が襲った時、住んでいた家を離れることを強制されました。

ベンさんの家には『エンジェル』と『ミッキー』という名前の猫達が住んでいたのですが、2匹とも火災の混乱の中で家を飛び出し、どこかへと姿を消してしまったのです。家族は必死に猫達を探しましたが、炎がそこまで近づいていたため、その場を離れなければなりませんでした。

その後、家族が再び自分達の家に戻ると、炎が家の周辺を破壊し尽くし、猫達の姿はどこにもありませんでした。「猛烈な炎は私達の財産の多くを焼き尽くしました。家の周りは全てが黒くなっていて、少しの草だけが生き残っていました」とSNSに投稿しました。

ベンさんは壊滅的な状況の中で、猫達のことをとても心配していました。

ベンさんは猫達が近くで生きていることを願い、猫用の食べ物を外に置いて、毎日捜索に出かけました。しかし、猫の目撃情報は全く無く、希望を見いだせないまま時間だけが過ぎていきました。

しかし、猫達を探し始めてから7日後、全てが焼け焦げた谷底で、ついにエンジェルの姿を発見したのです!

「もしかするとエンジェルはウォンバットの穴の中に入り、地中深くで何とか生き延びていたのかもしれません。」

ベンさんはすぐにエンジェルを獣医さんのところへと連れて行きました。「幸いなことにエンジェルの火傷は耳だけで、他の部分には火傷を負っていませんでした。彼女は現在、とても幸せそうにしていて、私達に愛らしい姿をたくさん見せてくれています。」

「エンジェルの耳は治療の必要があり、勇ましいヒゲも失いましたが、肺や目には問題がありませんでした。足と皮膚も同じです。彼女はしばらく治療を続けて、完全に回復するはずです。」

「私達はもう猫達には会えないだろうと諦めかけていました。でも奇跡的にエンジェルとの再会を果たすことができました。彼女は再会の瞬間にとても興奮していて、たくさんの愛情を求めてきました。」

エンジェルとの再会は家族に大きな希望を与えました。今のところミッキーに関する情報はありませんが、家族は猫がとても賢く、生き延びる残る術を身につけていることを知っています。そのためミッキーもエンジェルのように、必ず見つけることができるだろうと考えているそうです。

またベンさんは、エンジェルを治療してくれた獣医のベガさんのことを心から賞賛しています。「彼は火傷を負った全ての動物達を無料で治療し、食べ物や動物用のベッドを配っています。今もまだ悲惨な状況が続いていますが、彼の行動は多くの命を助け続けています。」

現在も厳しい状況に瀕しているオーストラリアですが、エンジェルのような嬉しいニュースが至るところから出てきています。オーストラリアでは多くのボランティアが活動し、消防隊員や救助隊員達が毎日火災と戦っています。被災した人達が元の生活に戻るまでにはまだまだ多くの時間が必要ですが、いつか必ず穏やかな日々が戻ってくることを心から願っています。
出典:Bozwoggleiheartcats

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう