人生に、もふもふを。

凍えるような吹雪の中、助けを求めて窓を引っ掻いてきた猫。それは1年前に保護することのできなかった野良猫でした

0

ある冬の日のこと、ニューヨークに住むレニー・ベセラさんが目を覚ますと、窓の外に野良猫がいるのを発見しました。野良猫のそばには、まだ幼い子猫達の姿もありました。

母猫はとても臆病だったため、レニーさんが近づくとすぐに逃げ出してしまったそうです。

普段から近所の猫達の世話をしていたレニーさんは、寒さの中で過ごす猫の親子を放っておくことができませんでした。そこで親子を助けるために、ある計画を実行することにしたのです。

レニーさんは家の庭に寒さをしのげる避難所を建てて、母猫がその場所に慣れたら、親子を一緒に保護することにしました。

レニーさんと婚約者のナサニエル・ステイヤーさんは、すぐに必要なものを集めてきて、避難所を作りました。そして、親子の様子を見守り始めました。

「残念なことに私達が母猫を捕まえる前に、彼女はどこかに姿を消してしまいました。でも子猫達を保護することに成功しました」とレニーさんは言いました。

その後、レニーさん達は子猫達を2ヶ月間養育し、地元の保護施設の協力を得て、無事に里親さんを見つけることができました。

レニーさんはその後も近所の猫達の世話を続け、TNR活動(野良猫の不妊去勢手術を行い、元の場所に戻す活動)に取り組み始めました。そして猫達の世話をしながら、いつか母猫が戻ってくることを願ったのです。「母猫は秋に一度だけ姿を現しましたが、彼女を保護することはできませんでした。」

そしてまた寒い季節がやって来て、ニューヨークは猛烈な寒さと吹雪に襲われました。そんな中、家にいたナサニエルさんは、窓の外から聞こえてくる物音に気付いたのです。

ナサニエルさんが窓の方を向くと、そこには見覚えのある顔がありました。母猫は再び窓の外に戻ってきて、助けを求めてきたのです。

母猫の耳の片方は少しだけカットされていました。どうやら母猫は誰かに保護されて、避妊手術を受けていたようです。

レニーさん達は母猫に『チャンク・チャンク』と名づけていました。

「チャンク・チャンクは厳しい吹雪の中を必死に生きていました。彼女はパニックになっていて、暖かくて安全な場所を探していました。」

ナサニエルさんが窓を開けると、チャンク・チャンクはすぐに家の中へと飛び込んできました。チャンク・チャンクはそれからしばらくの間、周りの環境の変化に少し戸惑っていたそうです。

「チャンク・チャンクはその場を走り回り、閉まった窓の方へと向かいました。しかし、私が彼女をお風呂に入れる頃には、随分と落ち着きを取り戻していました。彼女は抱っこに幸せを感じたようで、嬉しそうに頭を擦りつけてきました」とナサニエルさんは言いました。

ナサニエルさんは仕事中のレニーさんに、チャンク・チャンクを保護したというメッセージを送りました。レニーさんはそのメッセージを見てとても驚き、幸せな気持ちに包まれたそうです。

その後、ふたりが再会した時、チャンク・チャンクはレニーさんのことを覚えているようでした。

「私がチャンク・チャンクに会った時、彼女は物陰に隠れていました。でも私が彼女に向かって手を伸ばすと、彼女はすぐに喉を鳴らし始めました」とレニーさんは言いました。

「私達は定期的にチャンク・チャンクを抱っこする時間を作りました。彼女は私の膝の上で丸くなり、身体を撫でると幸せそうな表情を見せてくれるようになりました。」

レニーさん達はチャンク・チャンクを動物病院へと連れて行き、そのまま家族の一員として迎えたそうです。

「チャンク・チャンクはとっても甘い猫で、いつも抱っこを要求してきます。彼女はいつも大人しいですが、何か伝えたいことがある時は優しく鳴いてきます。彼女はまるで赤ちゃんのようで、全身を撫でられるのが大好きです」とレニーさんは嬉しそうに話してくれました。

こうして凍えるような吹雪の中、窓の外に現れたチャンク・チャンクは、レニーさん達のおかげで暖かい生活を始めることができました。これからもチャンク・チャンクは優しい家族にたくさんの愛情を注がれながら、幸せいっぱいの毎日を過ごしていくことでしょう(*´ω`*)
出典:chunkchunkthecatlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう