人生に、もふもふを。

独りぼっちの迷子の子猫を家に連れ帰った大型犬。まるで我が子ように愛情を注ぐと、子猫の気持ちにも大きな変化が♪

0

ある日、オスの犬の『ブレディー』が飼い主のタリン・コケットさんと散歩をしていると、木の枝にぶら下がって動けなくなっている子猫の『ツッカ』を見つけました。ブレディーはツッカのことがとても心配になったようで、タリンさんに家に連れて帰るようにお願いしてきたそうです。

新しい家に来たばかりのツッカはとても臆病でした。ツッカはブレディーを含め、全ての家族から必死に隠れようとしたのです。

ツッカが新しい環境に慣れるまでに少し時間が必要だと感じたタリンさんは、ツッカがくつろぐことのできる静かな部屋を用意しました。

するとブレディーは部屋のガラスドアの前に座って、毎日ツッカの様子を見守り始めたのです。

「最初の頃のツッカは、身体の大きなブレディーのことをとても怖がっていました。でも徐々にブレディーのことが気になり始め、興味を示すようになっていきました」とタリンさんは言いました。

そしてついにツッカはブレディーに寄り添い始めたのです。ずっとツッカとの触れ合いを待ち望んでいたブレディーにとって、それは最高の瞬間でした!

「ふたりが一緒になるまでに約1週間かかりました。でも一度信頼関係を結ぶと、ふたりは驚くほどの絆で結ばれました。」

どうやらツッカはいつも優しいブレディーに、『お母さん』のような愛情と心地よさを感じているようです。

幼くして孤児になったツッカにはお母さんの存在が必要でした。ブレディーはそのことが分かっていたようで、ツッカに優しく接し、しっかりと面倒を見始めたのです。そして、自分の愛情を受け入れてくれたことに、最高の幸せを感じているようでした。

ツッカが大きくなるにつれて、ブレディーは室内で生活するために必要なことを教え始めました。

ブレディーはボウルから水を飲む方法やご飯を綺麗に食べる方法などを教えました。ツッカはブレディーのマネをしながら、教えてもらったことをすぐに吸収していったそうです。

ふたりは毎朝、『かくれんぼ』と『追いかけっこ』をするのが大好きです。そして、遊び疲れると一緒に眠り始めるそうです♪

そんな仲良しなふたりは盗みの共犯者でもあります。ツッカはブレディーがキッチンの上から食べ物を取ることができるように、オヤツの袋を引き寄せる方法を身に付けたそうです。

ふたりはいつもくっついていますが、ブレディーが散歩に出かける時だけは別々になります。するとツッカは途端にソワソワし始めて、ブレディーが帰宅すると「寂しかったよー!」と言っているかのように、しっかりと足にしがみついてくるそうです。

さらにツッカはブレディーがどこに出かけていたのかが気になるようで、散歩から帰ってくるたびに、匂いをしっかりと嗅いでいるそうです。

「もしかするとツッカは自分のことを犬だと思っているかもしれません。彼はこれまで他の猫に会ったことがないため、自分がブレディーと同じだと思っているようです。」

ふたりの楽しい時間は一日中続きます。こちらはかくれんぼをしている時の様子です♪

ブレディーがツッカを連れ帰ってから数年が経ちましたが、ふたりの絆は毎日のように深まっています。この数年でツッカはニャーニャーと鳴く『犬』になり、ブレディーはそんな可愛い息子を心から愛しているのです。

これから先もふたりの幸せな生活は続いていきそうですね(*´ω`*)
出典:bradyandtuukkalovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう