人生に、もふもふを。

目の前で野生のオポッサムにご飯を食べられてしまった猫さん。飼い主さんへの必死の訴えが凄かった ( *´艸`)♡

0

ある日、猫の住んでいる家に野生のオポッサムが姿を現しました。オポッサムはポーチに置かれていたキャットフードを見つけたようで、さっそく美味しそうに食べ始めたのです。

そんなオポッサムに気づいた猫。どんどん無くなっていくご飯を見て、人間のお父さんに向かって必死に訴えかけてきました。しかし、お父さんの方は野生のオポッサムが珍しくて、パシャパシャと写真を撮り始めてしまったのです。

猫は自分の力でオポッサムを何とかしようと試みますが、しばらく野生から離れていたせいか、どうしてもあと一歩を踏み出すことができないようです(^_^;)

「あの…、お取り込み中のところすみません。それはボクの夕食のはずなんですが…」

「お父さん、ちょっと助けて!」

「ほら見て! あれボクの夕食だよね!」

「真面目に聞いてる? お父さんはそこで写真を撮ってるだけなの!? ボクはお腹が空いてるんだよ〜。・・・もういいよ、お父さんには頼まない。あとは自分で何とかするから!」

「あの、それボクのお気に入りのキャットフードなんです。だから、えっと… 一緒に食べませんか?」

「いえいえいえいえ、すみません! お邪魔しました。どうぞどうぞ、お楽しみください!」

「お父さぁぁぁぁん!?」

と言う声が聞こえてきそうですね(^_^;)

きっと優しいお父さんが、後でちゃんとご飯を用意してくれるからね。
出典:MrRogers247boredpanda

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう