人生に、もふもふを。

路上から救い出され、保護先での温かい膝に安心した子猫。とっても嬉しくて、いつまでも幸せいっぱいに甘え続ける

0

今月の初め、子猫の『ダドリー』がTNR活動(野良猫の不妊去勢手術を行い、元の場所に戻す活動)中に救助されました。とても空腹だったダドリーは、美味しそうな匂いにつられて捕獲器の中へと入りました。そしてその瞬間に、厳しい路上での生活に別れを告げたのです。

ダドリーは動物病院で生後約2ヶ月と診断されました。しかし、ダドリーは非常に痩せ細っていて、平均的な体重よりも随分と軽かったそうです。そんなダドリーの窮地を知った養育ボランティアのリサ・クラコスキーさんは、すぐにダドリーを養育することを申し出ました。

リサさんはダドリーを自宅に連れて帰り、身体を綺麗にして、美味しいご飯と快適なベッドを用意しました。そんな優しいリサさんのおかげで、ダドリーはとても短い期間で室内生活に順応することができました。

ダドリーはすぐに喉をゴロゴロと鳴らし始め、身体を撫でられながら、暖かいベッドを揉み始めたそうです。

それから数日でダドリーは完全に心を開きました。「ダドリーはすぐに私の影になりました。私がどこかに座ると、彼はすぐに膝の上に乗ってきます。そして私が移動すると、彼は身体を擦りつけてきて、足の上に乗ってきます」とリサさんは言いました。

ダドリーは完全に膝の上を支配していて、フルタイムで抱っこを要求してくるそうです。

「ダドリーは子猫ですが、あまり遊ぶのは好きではないようです。彼はハグの王様で、いつも私に寄り添っています。もし私がずっと動かなければ、きっと彼は一日中膝の上に座っていることでしょう。」

とっても甘いダドリーは、常に大好きな家族と一緒にいることだけを望んでいます。「昨日の夜もダドリーは私と一緒にベッドに入って、クリスマス映画を見ながらフミフミし続けていました。」

ダドリーは現在、リサさんの元ですくすくと成長を続けています。

「私達はこれからダドリーの新しい家族を探し始めますが、静かな環境が好きな彼のために、他のペットがいない家か、落ち着いたペットがいる家を見つけようと考えています。」

ダドリーは本当に人間のことが大好きで、抱っこされるといつまでも喉をゴロゴロと鳴らし続けているそうです。

こうしてお腹を空かせて路上を彷徨い歩いていたダドリーは、人間との温かい生活をスタートさせることができました。ダドリーはもう食べ物や避難場所の心配をする必要はありません。これからのダドリーには、愛情いっぱいの家族との幸せな未来が待っているのです(*´ω`*)
出典:orlando.kittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう