人生に、もふもふを。

悲しい出来事で笑顔を無くしてしまった大型犬。再び笑顔を取り戻せたのは、4匹の幼い子猫達のおかげでした

0

ある日、アラスカンマラミュートの『フローラ』は、20歳で家にやって来た老猫の『デクスター』と特別な絆を結びました。ふたりは1日のほとんどの時間を一緒に過ごし、お互いに離れられない存在になっていたのです。

しかし、デクスターは年齢のため、家に来た2年後に虹の橋を渡りました。フローラは大好きだった親友を失い、深い悲しみに暮れました。

フローラの飼い主のジル・ウィリアムズさんは、そんなフローラのために2匹の子猫を保護施設から預かり、養育することにしました。そして、フローラの心の傷が治ることを期待したのです。

「子猫達はフローラの悲しみを少し和らげてくれました。でも子猫達はデクスターのように、フローラに寄り添うことはありませんでした。そのためフローラの孤独は続いていました」とジルさんは言いました。

その後、子猫を育てることが子供達の素晴らしい体験になると感じていたジルさんは、再び保護子猫を預かることにしました。

そして、ジルさんの家にはイギー、ボウイ、ロキシー、グラマーの4匹の子猫がやって来たのです。子猫達はとても愛らしく、好奇心旺盛で、お茶目で、イタズラ好きでした。

ジルさんは子猫達が家に慣れるのを待ってから、フローラに会わせてみました。するとイギーがすぐにフローラに近づき、鼻の匂いを嗅いだのです。

「その瞬間、フローラの顔に大きな笑顔が浮かびました!」

その後、次から次へと子猫が走り寄ってきて、フローラと挨拶を交わしました。フローラは子猫達の行動がとても嬉しかったようで、顔に満面の笑みを浮かべながら子猫達を迎え続けたそうです。

身体の小さなグラマーは少し恥ずかしがり屋でしたが、勇気を出してフローラの鼻に近づいて来ました。そして、グラマーが何度も鼻の匂いを嗅ぐ間、フローラはグラマーを驚かせないようにじっと静かにしていたそうです。

「グラマーはフローラの身体に登って、耳と目の匂いも嗅ぎ始めました。フローラはその間もずっと笑顔を浮かべたまま、その場で丸くなっていました。その姿はとっても愛らしく、私達の心を温めてくれました。」

恥ずかしがり屋のグラマーはフローラお母さんのことが大好きになり、いつもそばにいるようになったそうです♪

「フローラがどこに行っても、子猫達がその後を追ってきます。そして、フローラが子猫達に囲まれると、その表情が輝き始めます。」

「彼らはとても素敵な子猫達です。フローラが子猫達を自分の方へ引き寄せる姿は、私たちの心を一瞬で溶かしました。」

こうして保護施設からやって来た4匹の子猫達は、悲しみに暮れるフローラの心の隙間を埋めました。フローラはいつも子猫達の元気な姿を見守りながら、一日中たくさんの幸せを感じているそうです♪

フローラと子猫達の様子はこちら。

フローラの嬉しそうな姿に心が温かくなりますね。これからもフローラと子猫達は同じ時間を過ごしながら、かけがえのない日々を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:florathemalamutelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう