人生に、もふもふを。

子猫の大きさのまま成長が止まった猫。障がいのある猫達を毎日抱き締め、たくさんの愛情を注ぎ続ける

0

ある日、障がいのある猫達を専門に預かっている保護施設『オッド・キャット・サンクチュアリ』のタラ・ケイさんは、1匹の猫を家族に迎えました。『テネシー』と名づけられたその猫は、生後2ヶ月の子猫のサイズで成長が止まっていました。

寄り添う子猫出典:TheOddCatSanctuary (lovemeow)

「テネシーは多くの猫達と一緒に保護されましたが、彼女以外の猫はみんな普通の大きさでした。彼女には水頭症の症状(脳室に過剰な脳脊髄液が貯留した状態)があり、全ての歯が既に永久歯に生え変わっていました」とタラさんは言いました。

見つめる子猫出典:TheOddCatSanctuary

テネシーは生後11ヶ月で、体重が900gしかありませんでした。獣医さんの話によると、テネシーの成長が止まったのは、以前の生活環境に原因があるとのことでした。

そんな身体の小さなテネシーですが、それを補うほどの大きな心の持ち主で、人間や他の猫達へのたくさんの愛情を持っています。

寄り添う子猫出典:TheOddCatSanctuary

テネシーがタラさんの家の先住猫に出会った時、さっそく大きな音で喉を鳴らし始めました。どうやらテネシーは全ての猫と友達になりたかったようで、みんなのところに次々と突撃していきました。そのため内気な性格の猫も、テネシーには抵抗することができなかったそうです。

また、テネシーは新しい猫と出会うとすぐに鼻を擦りつけて、その日のうちに一緒に昼寝を始めるそうです。

眠る子猫出典:TheOddCatSanctuary

『オーガスト』という名前の小脳に障がいのある猫がやって来た時も、テネシーは愛情いっぱいに出迎えました。オーガストは歩く時にグラグラと身体が揺れる猫ですが、オーガストがどこかに落ち着くと、すぐにテネシーが寄り添ってきて、決してひとりではないことを教えてあげるそうです。

また、顔に先天的な障がいのある白黒猫の『メンフィス』とも仲良くなりました。メンフィスが抱擁を必要としている時は、いつもテネシーがやって来て、ピッタリとくっついているそうです。

寄り添う猫出典:TheOddCatSanctuary

テネシーは新しく来た猫達を歓迎するのが大好きで、猫達の気分を落ち着かせるために、いつも大きな音で喉を鳴らし始めます。

少し前にやって来た10歳の『ビショップ』も、テネシーに温かく迎えられました。ビショップはテネシーのおかげですぐに緊張が解けて、その日のうちにくつろぎ始めたそうです。

座る猫出典:TheOddCatSanctuary

「誰かが昼寝をしていると、必ずテネシーがやって来て、一緒になって眠りにつきます。彼女はいつも静かに寄り添ってきて、猫達を優しく抱きしめ始めるのです。」

こちらはオーガスタに寄り添うテネシーの姿です。

寄り添う猫出典:TheOddCatSanctuary

そしてこちらは4歳の『クレメンタイン』に寄り添うテネシーの姿です。テネシーはみんなのことが大好きで、いつもそばに寄り添いながら、たくさんの愛情を注いでいるのです。

横になる猫出典:TheOddCatSanctuary

現在1歳のテネシーは、以前と変わらずたくさんの愛情で満たされています。テネシーはいつも部屋の中を歩き回って、ハグが必要な猫を見つけると、すぐに抱きしめ始めます。

幸せな猫出典:TheOddCatSanctuary

テネシーはその愛らしい行動で、全ての猫達に喜びと安らぎを与え続けているのです。

幸せに暮らす猫出典:TheOddCatSanctuary

テネシーはこれからも大好きな猫達にピッタリと寄り添いながら、たくさんの幸せを届け続けることでしょう(*´ω`*)
出典:TheOddCatSanctuarylovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう